平成27年度(第18回) 介護支援分野

問5

介護予防・日常生活支援総合事業について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護給付等適正化事業を含む。
2 包括的支援事業の一つである。
3 地域支援事業の一つである。
4 要介護の第1号被保険者も対象である。
5 第1号生活支援事業と第2号生活支援事業がある。

解答

正解は…3・4
1 介護給付等適正化事業は、任意事業に含まれる。
2 地域支援事業における必須事業は、
介護予防・日常生活支援総合事業と包括的支援事業に分類されており、
介護予防・日常生活支援総合事業が包括的支援事業の一つであるわけではない。
3 記述の通りである。
4 介護予防・日常生活支援総合事業は、
要介護状態等となることの予防または要介護状態等の軽減もしくは
悪化の防止のために行われる事業であり、
要介護認定を受けている第1号被保険者も対象としている。
5 第1号生活支援事業はあるが、第2号生活支援事業はない。

(介護予防・日常生活支援総合事業の適切かつ有効な実施を図るための指針)

参考

介護予防・日常生活支援総合事業とは?

介護保険制度において、
市町村が各地域の状況に応じて取り組むことができる地域支援事業の1つ。
通称、総合事業。
2015年度の介護保険法改定以来、各市町村は段階的に総合事業への移行を進めており、
2017年3月までの完全施行が義務付けられている。

対象となるのは、要支援1および2認定者の訪問・通所介護で、
これまで全国一律の介護予防給付で提供されていた。
市町村ごとの総合事業へと移行することで、
各地域の特色を生かしたサービスを創出することが狙いだ。

要支援者の総合事業について

総合事業は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、
住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、
地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等に対する
効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもの。

地域支援事業の中に創設された総合事業は、
・「介護予防・生活支援サービス事業(サービス事業)」
・「一般介護予防事業」

総合事業の対象者
・介護保険の要介護認定で「要支援1」「要支援2」に認定された人
・基本チェックリストによりサービス事業対象者と認定された人

総合事業の内容
・訪問型サービス
(掃除・洗濯などの日常生活支援)
・通所型サービス
(機能訓練・集いの場などの日常生活支援)
・その他の生活支援サービス
(栄養改善を目的とした配食・ひとり暮らしのご高齢者の見守りなどの提供)
・介護予防ケアマネジメント
(総合事業によるサービス等を適切に提供するためのケアマネジメント)

問6へ

PAGE TOP