ケアマネ試験2017勉強方法(音声解説)介護支援分野H28-13


介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問13

指定地域密着型サービス事業者について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 認知症対応型共同生活介護計画は、介護支援専門員でなくても作成できる。
2 小規模多機能型居宅介護の管理者は、介護の職務に従事してはならない。
3 公募指定をするときは、市町村の条例で定める基準に従って選考する。
4 事業の設備及び運営に関する基準は、市町村の条例で定める。
5 認知症対応型通所介護事業者には、定期的な避難訓練が義務付けられている。

正解は…1・4・5

参考

指定地域密着型サービスとは?

地域密着型サービスは、平成18年4月の介護保険制度改正に伴って導入された新しいサービスです。

①認知症対応型共同生活介護/介護予防認知症対応型共同生活介護
②認知症対応型通所介護/介護予防認知症対応型通所介護
③小規模多機能型居宅介護/介護予防小規模多機能型居宅介護
④夜間対応型訪問介護
⑤定期巡回・随時対応型訪問介護看護
⑥地域密着型特定施設入居者生活介護
⑦地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
⑧地域密着型通所介護
⑨看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

単語

指定地域密着型サービス
認知症対応型共同生活介護
小規模多機能型居宅介護
管理者
公募指定
市町村の条例
認知症対応型通所介護事業者
避難訓練

考察

地域密着型サービスについては、頻出問題です。地域密着型サービスの種類や基準等をしっかりと過去問を読んで地域密着型サービスについては、どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です