ケアマネ試験2017勉強方法(音声解説)介護支援分野H28-15


介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問15

要介護認定の広域的実施の目的として適切なものはどれか。3つ選べ。

1 第2号被保険者の保険料の統一
2 介護認定審査会委員の確保
3 市町村間の要介護状態区分ごとの分布の統一
4 近隣市町村での公平な判定
5 認定事務の効率化

正解は…2・4・5

参考

要介護認定等の広域的実施とは?

介護認定審査会を単独の市町村で設置することが困難な場合、以下に示すことが認められている
①複数の市町村による共同設置
②都道府県への委託
③広域連合や一部事務組合への委託

介護認定審査会の広域的実施のメリット
①委員の確保
②近隣市町村での公平な判定
③認定事務の効率化

単語

要介護認定の広域的実施の目的
第2号被保険者
保険料
介護認定審査会委員
要介護状態区分
認定事務

考察

要介護認定等の広域的実施については、出題頻度は低い問題ですが、「広域」という認識が高まっていることで、理解をしておく必要があります。しっかりと過去問を読んで要介護認定等の広域的実施については、どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です