ケアマネ試験2017勉強方法(音声解説)介護支援分野H28-19


介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問19

居宅介護支援におけるモニタリングについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 地域ケア会議に結果を提出しなければならない。
2 結果の記録は、居宅介護支援完結の日から2年間保存しなければならない。
3 地域包括支援センターの指示に基づいて実施しなければならない。
4 月に1回以上、結果を記録しなければならない。
5 課題整理総括表を用いて行わなければならない。

正解は…2、4

参考

モニタリングとは?

ケアマネジメントの一過程。ケアプランに照らして状況把握を行い、決められたサービスや支援が約束どおり提供されているかどうか、介護提供者の活動と利用者の生活を見守る事を言います。

現状を観察して把握することを言います。要介護者等に対して必要な介護支援サービス、いわゆるケアマネジメントが提供されているかどうか、状況の変化に応じた利用者のニーズが新たに発生していないか、介護支援専門員(ケアマネジャー)が常に把握しておかなければならない情報を入手するためにモニタリングを行います。

利用者との直接的面談は1ヶ月に1回行います。また、予防支援以外は1ヶ月に1回、モニタリングの結果を記録する必要があります。つまり、常に利用者の状況把握をして、変化があればそれに応じてケアプランを変更しなければならないのです。

単語

居宅介護支援
モニタリング
地域ケア会議
地域包括支援センター
結果の記録
2年間保存
課題整理総括表

モニタリングとは?/ケアマネ試験に独学で合格するための勉強方法

考察

モニタリングは居宅介護支援において、アセスメントと同様に最重要項目になります。モニタリングについて内容を覚えておきましょう。どのようなものか、しっかりと理解することが必要です。読めばわかる問題だけではなく細かい部分も出題されています。どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

「 ケアマネ過去問 福祉分野」 一覧

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です