ケアマネ試験2017勉強方法(音声解説)介護支援分野H28-24


介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問24

居宅介護支援の開始について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 時期は、要介護認定後である。
2 利用申込者の同意を得なければならない。
3 あらかじめ、苦情処理の体制について説明しなければならない。
4 障害者施策の相談支援専門員を介して依頼が来る場合がある。
5 入院患者については、退院後でなければならない。

正解は…2、3、4

参考

<サービスが開始するまでの流れ>
①要介護認定の申請を市町村に行う。
②認定調査員による認定調査
③かかりつけ医に「意見書」を依頼する。

一次判定

二次判定

要介護区分が認定(決定)される。

ケアプランの作成

サービス利用開始

要介護認定の効力は申請日にさかのぼる。
要介護認定申請前であっても、緊急等やむを得ない事情がある場合には、サービスを利用することができる。指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、利用申込者又はその家族に対し、重要事項を記した文書を交付して説明を行い、当該提供の開始について利用申込者の同意を得なければならない」とされている。
指定居宅介護支援事業者は、利用申込があった場合には、あらかじめ、当該利用申込者又はその家族に対し、苦情処理体制等の説明を行い、当該居宅介護支援事業所から居宅介護支援を受けることにつき同意を得なければならない」としている。

障害者総合支援法と介護保険法との給付調整については、介護保険法の保険給付が優先する。

介護支援専門員は、介護保険施設等から退院又は退所しようとする要介護者から依頼があった場合には、居宅における生活へ円滑に移行できるよう、あらかじめ、居宅サービス計画の作成等の援助を行うものとする」とあり、入院患者についても、円滑に居宅での生活に移行できるよう、事前に援助を行うとされている。

単語

居宅介護支援の開始
要介護認定後
同意
苦情処理の体制
障害者施策の相談支援専門員

考察

居宅介護支援については、頻出問題です。この問題では、居宅介護支援がいつ始まるのかについて問われています。介護サービスを受けるためには、まずは市町村に対して要介護認定の申請を行い、認定調査が行われ、最終的に介護度が決定します。しかし、その手続きには30日位かかってしまいますので、緊急性がある場合には、介護度が認定が出る前にもサービスを利用することが出来ます。

その時は、この時点から居宅介護支援は始まっていることになります。どのようなものか、しっかりと理解することが必要です。どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です