介護支援分野 一問一答

平成28年度(第19回)問25

大地震があり、自分が担当する認知症の利用者及びその家族と避難所で面接した。利用者は興奮気味であり、歩き回ったり、大声を出したりして、他の避難者から迷惑がられているように見えた。
介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 避難者の迷惑を考え、利用者本人だけ外の車の中で生活するよう勧めた。
2 家族も大変なので、避難所のリーダーの監視下に置いてもらった。
3 外の混乱している様子が分からないよう、段ボールの小部屋に隔離した。
4 福祉避難所に移れないか、地域包括支援センターの職員に相談した。
5 周りの避難者に理解と協力を求めた。

正解は…4、5

参考

震災時における介護支援専門員の役割.pdf

<発災時期における対応>

発災前
→安全確認
・災害(風水害)の兆候が認められたら、利用者の安全性の確認を開始→避難行動支援者の確保
・家族、地域、血縁で支援者を確保
・連絡がつかない場合は、防災関係者(行政、消防、 警察等)に連絡することも視野に入れる
・施設全体で避難する必要があるかどうかの検討を行い、必要とあれば実施発災後
→災害状況の確認
・自分、家族の安否確認
・組織の被災状況の確認
・まわりの状況の確認始

→利用者の安否確認
※医療器具装着等優先順位を考慮
①生存確認
②身体の状況確認
③生活環境の確認
④今いる場所で以前の生活が続けられるのか判断
⑤ケアプラン(サービス)の継続及び変更の必要性
⑥救急対応の必要性の確認
⑦緊急入院・入院先の選定

→医療依存度の高い人の対応

→緊急入院・入所が必要な人の対応

→避難所等避難先での生活の支援
・定期的に安否確認を実施
・地域サービスの再建を確認しつつ、サービス利用を再開
・生活不活発病を予防
・口腔ケアを実施

→仮設住宅等の支援
・仮設住宅等の解消に向けて、行政担当者と連絡をとりながら生活再建への方法を模索

→生活再建の支援
・地域に戻った利用者のモニタリングを実施
・災害公営復興住宅に入居した人への集中的な見守りを実施

参考:避難所における良好な生活環境の確保に向けた取組指針.pdf

単語

考察

介護支援専門員の対応の問題は、文章題で頻出問題です。しかし、介護支援専門員でなくても常識的に考えれば答えを導きだせるような設問になっていますので、そんなに難しく考える必要はありません。介護支援専門員としてどのようなも対応が正しいのか、しっかりと理解することが必要です。どんな問題が出ているのかが分かってきますので、しっかりと過去問と合わせて知識を覚えるようにしましょう。

「 ケアマネ過去問 介護支援分野」 一覧

スポンサーリンク



PAGE TOP
error: Content is protected !!