介護福祉士とケアマネ試験受験対策「介護支援専門員とは(介護保険法第7条5)」解説動画



介護支援専門員ポイント

1 介護支援専門員は、介護保険サービス事業者と要介護者等との連絡調整等を行う者。

2 介護支援専門員証は、都道府県知事に申請をして交付を受ける。

介護支援専門員が行う連絡調整先

市町村
居宅サービス事業を行う者
地域密着型サービス事業を行う者
介護保険施設
介護予防サービス事業を行う者
地域密着型介護予防サービス事業を行う者
特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者

介護支援専門員とは(介護保険法第7条5)

第七条5  この法律において「介護支援専門員」とは、要介護者又は要支援者からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス若しくは地域密着型介護予防サービス又は特定介護予防・日常生活支援総合事業を利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者、特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして第六十九条の七第一項の介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。

第六十九条の七  第六十九条の二第一項の登録を受けている者は、都道府県知事に対し、介護支援専門員証の交付を申請することができる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です