介護福祉士 「コミュニケーション技術」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)


1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

コミュニケーション技術

中項目小項目
介護におけるコミュニケーションの意義、目的、役割
利用者・家族との関係づくり
利用者・家族とのコミュニケーションの実際 話を聴く技法
利用者の感情表現を察する技法(気づき、洞察力、その他)
納得と同意を得る技法
相談、助言、指導
意欲を引き出す技法
利用者本人と家族の意向の調整を図る技法
その他
利用者の状況・状態に応じたコミュニケーションの技法の実際 感覚機能が低下している人とのコミュニケーション
運動機能が低下している人とのコミュニケーション
認知・知覚機能が低下している人とのコミュニケーション
その他
記録による情報の共有化 介護における記録の意義、目的
介護に関する記録の種類
記録の方法、留意点
記録の管理
介護記録の共有化
情報通信技術(ICT)を活用した記録の意義、活用の留意点
介護記録における個人情報保護
介護記録の活用
その他
報告報告の意義、目的
報告・連絡・相談の方法、留意事項
その他
会議 会議の意義、目的
会議の種類
会議の方法、留意点
その他

“介護福祉士 「コミュニケーション技術」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です