1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

人間関係とコミュニケーション

中項目小項目
人間関係と心理 自己覚知、他者理解、ラポール、その他
対人関係とコミュニケーション 対人関係・コミュニケーションの意義
対人関係・コミュニケーションの概要
コミュニケーションを促す環境
コミュニケーションの技法 対人距離(物理的・心理的距離)
言語的コミュニケーション
非言語的コミュニケーション
受容・共感・傾聴
道具を用いた言語的コミュニケーション 機器を用いたコミュニケーション
記述によるコミュニケーション
PAGE TOP