1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

介護過程

中項目小項目
介護過程の意義と目的
情報収集とアセスメント 情報収集の方法
情報の解釈・分析
情報の関連づけ・統合
課題の明確化
課題、目標 生活支援の課題、目標のとらえ方
目標の設定(長期目標・短期目標)
その他

計画
具体策(支援内容・方法)
実施
計画にもとづいた実施
安全・安心・自立に配慮した実施
利用者の反応や効果への気づき
評価 評価の目的
評価の内容、方法(目標の達成度、具体策の適否)
修正の必要性
その他
自立に向けた介護過程の展開の実際
利用者の状態・状況に応じた介護過程の展開の実際
介護過程とチームアプローチ ケースカンファレンス
サービス担当者会議
ケアプランと介護過程
他の職種との連携
その他
PAGE TOP
error: Content is protected !!