介護福祉士 「認知症の理解」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)


1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

認知症の理解

中項目小項目
認知症ケアの歴史
認知症ケアの理念
認知症高齢者の現状と今後 認知症高齢者の数の推移、その他
認知症に関する行政の方針と施策 認知症高齢者支援対策の概要(相談対策の整備、在宅対策、施設対策、権利擁護対策、地域密着型サービス、その他)
認知症による障害 記憶障害
見当識障害
失語、失行、失認、その他
認知症と間違えられやすい症状 うつ病
せん妄
認知症の原因となる主な病気の症状の特徴 アルツハイマー型認知症
血管性認知症
レビー小体型認知症
前頭側頭型認知症
クロイツフェルト・ヤコブ病
その他(慢性硬膜下血腫等)
若年性認知症
病院で行なわれる検査、治療の実際 検査
治療
予防
認知症の人の特徴的な心理・行動 認知症が及ぼす心理的影響
認知症の人の特徴的な行動障害
周辺症状の背景にある、認知症のある人の特徴的なこころの理解(混乱、不安、怯え、孤独感、怒り、悲しみ、その他)
認知症に伴う機能の変化と日常生活への影響 認知症の人の特性を踏まえたアセスメント(保たれている能力と低下している能力の把握、家族との関係の把握、その他)
環境変化が認知症の人に与える影響(なじみの人間関係、居住環境、その他)
その他
地域におけるサポート体制 地域包括支援センターの役割・機能
コミュニティ、地域連携、まちづくり
ボランティアや認知症サポーターの役割・機能
チームアプローチ 多職種協働の継続的ケア
家族への支援 家族の認知症の受容の過程での援助
家族の介護力の評価
家族のレスパイト
その他

“介護福祉士 「認知症の理解」出題基準及び合格基準を知っていますか?第32回(2019年度)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です