1 出題形式等

筆記試験の出題形式は五肢択一を基本とする多肢選択形式とし、問題に図表等を用いることがある。

出題数は125問、総試験時間数は220分とする。

2 「総合問題」

4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

3 各領域の出題予定数

1 人間と社会
   人間の尊厳と自立
   人間関係とコミュニケーション
   社会の理解

16問
2 介護
   介護の基本
   コミュニケーション技術
   生活支援技術
   介護過程
52問
3 こころとからだのしくみ
   発達と老化の理解
   認知症の理解
   障害の理解
   こころとからだのしくみ
40問
4 医療的ケア
   医療的ケア
5問
5 総合問題 12問

介護福祉士国家試験 試験科目別出題基準

人間の尊厳と自立

中項目小項目
人間理解と尊厳 「人間」の多面的理解
人間の尊厳
自立・自律
人権と尊厳 権利擁護・アドボカシー
人権尊重
身体的・精神的・社会的な自立支援
PAGE TOP
error: Content is protected !!