介護福祉士「人間の尊厳と自立」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)


この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「人間の尊厳と自立」の勉強方法が分かる
  • 人間の尊厳と自立に携わった歴史上の人物及び最近の人命が軽視される風潮や偏った考え方に関する社会的な出来事には引き続き注視しておくべきであろう。

    新しく制定された法律も含めて、人権に関する法律の名称とともに目的・内容がどのように規定されているか、正確に理解しておきたい。

    その人らしさを大切にすることを基本にしつつ、認知症の症状を踏まえた関わり方が必要とされる。
    アドボカシーの定義、社会資源の活用を理解していれば、解ける問題である。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第31回(2018年度)

    問題1の短文事例はこれからの高齢者の思いを表すような例である。自己選択、自己決定の支援を思考し返答を考えると解答できると思われた。
    問題2においては支援を必要とする人々の生き方を価値あるものとして人間の尊厳と自立を考えていかなければならない。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第30回(2017年度)

    問題1は、「人間の尊厳と自立」に関する歴史的背景は基本的に理解しておくべきである。障害者の自立生活運動を出題に出していることから障害者に対する尊厳と自立への関心の高さが見受けられる。
    問題2は、事例問題を通してアドボカシー(権利の代弁、擁護)についての問題となっている。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第29回(2016年度)

    問題1は、人間の尊厳と自立の基本を冷静に考えれば、容易に解ける問題である。
    問題2は、ノーマライゼーションに関する出題で、思想を理解していれば、容易に解ける問題である。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第28回(2015年度)

    1問目は、糸賀一雄が提唱した「この子らを世の光に」という思想に関する出題
    2問目は、訪問介護事業所でのアルツハイマー型認知症への支援の仕方を問う出題となっている。

    介護福祉士「人間の尊厳と自立-過去問」第27回(2014年度)

    1問は、基本的人権及び生存権に関する人権の歴史を問う問題
    2問は、「障害者差別解消法」が出題された。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験
    問題 1 Aさんはできるだけ自分のことは自分で行い,このまま自宅での生活を継続したいと希望している。訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問したときに,Aさんは一人暮らしを続けることが不安であると告げた。
    Aさんに対する訪問介護員(ホームヘルパー)の応答として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

    問題 2 『夜と霧』や『死と愛』の著作があるフランクル(Frankl, V.)が提唱した価値の説明として,適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gozen.html

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です