介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)


この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の勉強方法が分かる
  • 人間関係の形成に関する出題では、介護福祉職が実際の場面で具体的にとるべき行動や対応をイメージしながら学習しておくことが大切である。

    バイステックの7原則を知っていても、どの場面でどのように対応するかを理解しておくことが大切である。

    コミュニケーションの基本、及び障害のある利用者の状況、状態に応じたコミュンケーション技法について学習しておくべきであろう。また、日々の業務における対人関係でのコミュニケーションについて、意識的に活用できる知識や技術を身に着けておくことが大切である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第31回(2018年度)

    問題3は、短文事例で、関する初期の関わり方を問う出題である。入所当日という点と、自分から話そうとしない点と、一方的な働きかけにならないようにという点を考慮すれば、解答がえられる問題である。
    問題4は、障害を理解し、筆談するときのポイントを理解していれば解ける問題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第30回(2017年度)

    問題3は、利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本を問う出題である。良好な人間関係を構築するためには、何が大切かを考えれば容易に解答できる基本的問題である。
    問題4は、短文事例で、施設に入所している利用者にバイステックの7原則の内容に該当する姿勢を問う出題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第29回(2016年度)

    問題3は、自己開示に関する出題で、良好な人間関係を構築するためには何が重要かを考えれば、容易に解ける基礎的な問題である。
    問題4は、各障害を理解し、コミュニケーションの各手段を理解していれば解ける問題である。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第28回(2015年度)

    1問は、共感的態度に関する出題
    2問は、パーキンソン病のある利用者とのコミュニケーション技法に関する事例問題となっている。

    介護福祉士「人間関係とコミュニケーション-過去問」第27回(2014年度)

    1問は、人間関係を構築するうえで、利用者とのかかわり方を問う基本的な問題であり、ラポールとは何かを理解していれば解ける問題である。
    2問は、重度の加齢性難聴者への介護職としての日常のやり取りを始めるときのコミュニケーション方法から出題されている。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験
    問題 3 一方的な働きかけにならないように,あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして,最も適切なものを1 つ選びなさい。

    問題 4 聴覚障害のある利用者と介護福祉職との間での筆談に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です