介護福祉士「介護の基本」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)


この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「介護の基本」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「介護の基本」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「介護の基本」の勉強方法が分かる
  • 「介護の基本」は、介護保険制度や認知症ケア、介護職員の就労環境など他の科目でも重複して出題される内容が多いため、他科目と合わせて学ぶ必要がある。

    毎年出題されている社会福祉士及び介護福祉士法
    防災対策や、地域密着型サービスに関する問題

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では、高齢者の健康に関する意識調査、介護福祉士の義務、認知症利用者への支援方法、ICFの構成要素と事例との照らし合わせ、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、避難場所に関するマーク、職務上の倫理、施設の安全確保体制、介護老人福祉施設の感染症対策、燃え尽き症候群について出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では海外連携協定(EPA)、社会福祉士及び介護福祉士法、自立支援の在り方、認知症の方への介護福祉職の対応、看護小規模多機能型居宅介護、個人情報の取り扱い、介護老人福祉施設の防災対策、認知症高齢者の訪問販売への対応、介護育児休業法、ストレスチェック制度について出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では介護保険制度の理念や仕組み、高齢者虐待や身体拘束、パーキンソン病の方の生活の質をどう保つかを問う問題、介護保険サービス(特に地域密着型サービス)、リハビリテーションの理念、腰痛予防対策などが出題された。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    今回の試験では、国民生活基礎調査、社会福祉士及び介護福祉士法の誠実義務、自己決定、リハビリテーション、サービス担当者会議、労働安全衛生法、感染対策、リスクマネジメント、ストレスマネジメント、福祉用具のJIS認証マーク、障害者年金等、利用者主体の実現、通所介護、個別ケアの具体的展開などに関する問題が出題されている。

    介護福祉士「介護の基本-過去問」第31回(2018年度)

    問題20、問題22、問題28については、昨年同様に利用者の生活の質や尊厳を優先して考えれば解答しやすい。
    問題32、「看取りにおいての介護職へのケア」についての出題

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験

    問題 17 2012 年度(平成 24 年度)「高齢者の健康に関する意識調査結果」(内閣府)の介護を受けたい場所に関する次の選択肢のうち,最も多かったものを 1 つ選びなさい。
    問題 18 社会福祉士及び介護福祉士法における介護福祉士の義務として,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 19 Fさんは来所しても寝ていることが多く,以前に比べると表情の乏しい時間が増えてきている。介護福祉職がFさんの生活を支えるための介護として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 20 介護福祉職が,Gさんの現状をアセスメント(assessment)した内容と,ICF(International Classification of Functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)の構成要素の組合せとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 21 定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 22 防災に関する次の図記号が意味している内容として,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 23 介護福祉職の職務上の倫理に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 24 施設の介護における安全の確保に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 25 介護老人福祉施設の感染対策に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 26 燃え尽き症候群(バーンアウト(burnout))の特徴として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gozen.html

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。