介護福祉士「発達と老化の理解」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)


この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「発達と老化の理解」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「発達と老化の理解」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「発達と老化の理解」の勉強方法が分かる
  • 頻出問題・・・過去問中心の勉強で得られる基礎知識で充分解ける
     「加齢に伴う身体機能の変化について」
     「尿失禁について」
     「薬の種類や効果について」
     「便秘について」
     「変形性膝関節症について」の設問
     キューブラー・ロスの死の受容過程
     老化に伴う身体の変化
     老化に伴う感覚や知覚の変化
     マズローの欲求階層説
     嚥下障害
     パーキンソン病に関する問い
     「エリクソンの発達段階説」
     「高齢者の代謝」
     「記憶」
     「適応機制」

    介護福祉士「発達と老化の理解-過去問」第31回(2018年度)

    問題69は「乳幼児の心身の発達に関する問い」
    問題70は「加齢に対する差別や偏見」
    問題71「加齢に伴う身体機能の変化について」
    問題72「尿失禁について」
    問題74「薬の種類や効果について」
    問題75「便秘について」
    問題76「変形性膝関節症について」の設問

    介護福祉士「発達と老化の理解-過去問」第30回(2017年度)

    問題70はキューブラー・ロスの死の受容過程
    問題71は老化に伴う身体の変化
    問題72は老化に伴う感覚や知覚の変化
    問題73はマズローの欲求階層説
    問題74は嚥下障害
    問題75はパーキンソン病に関する問い

    介護福祉士「発達と老化の理解-過去問」第29回(2016年度)

    問題69、71、72、73は、「エリクソンの発達段階説」「高齢者の代謝」「記憶」「適応機制」
    問題70は「年齢規定」に関する問い
    問題74は「甲状腺機能」に関する問い
    問題75は「めまい」に関する問

    介護福祉士「発達と老化の理解-過去問」第28回(2015年度)

    本年も簡潔な表現であった問題文や選択肢からなる設問はすべて5枝択一であった。全8問のうち「最も適切なものを1つ選びなさい」が6問、他は「最も可能性が高いもの」と「正しいもの」を選びなさいであった。午後の最初は「ピアジェ」からであった昨年同様に本年も発達に関する分野からで「エリクソン」についてであった。頻出ではあるが、内容がうろ覚えの受験生は戸惑ったのではないだろうか。昨年同様短文事例問題が2問あり、問題71では適応状況を説明する理論について、問題74では高齢者の症状の現れ方から考えられることを問われた。ともに文章自体はわかりやすいのだが理論や病気について名前だけでなく現実に照らし合わせた内容まで理解していないと解けず応用問題といえよう。保健医療職との連携について問われた問題76は、地域の機関や専門職の仕事内容を把握しておく必要があった。その他「筋肉」「記憶」「変形性膝関節症」「めまい・立ちくらみ」に関する問いはいずれも頻出であり、日頃の学習量がそのまま点数に比例したと思われる。これまでの赤マル福祉(赤マル模試)で培った学習の成果が十分発揮できたのではないだろうか。

    介護福祉士「発達と老化の理解-過去問」第27回(2014年度)

    本年も問題文や選択肢が簡潔な表現となっており、答えやすい問題が多かった印象である。例年通りの5枝択一で「正しいもの」「最も適切なもの」「最も頻度の高いもの」を一つ選びなさいといった設問であった。午後最初の出題であった「ピアジェの認知発達段階」は一度は目にした内容だったと思われるが、正しく暗記しておかなければ解けず焦った受験生も多かったのではないだろうか。続いては「プロダクティブ・エイジング」についてで、知識がなければ正答を導くのが難しかったと思われる。以降は「うつ病、アルツハイマー病、せん妄、統合失調症、床ずれと身体の部位、パーキンソン病、脱水時の症状、肺炎の知識」など馴染みの問いが多く、これまでの赤マル福祉(赤マル模試)での学習の成果が十分発揮できたであろう。「発達」に関する問いが3問、「一般医学」に関する問いが5問といった問題構成で、「死因順位」「高齢者と若年者との割合比較」といった「統計」の把握が試される問いもあった。「発達」に関する分野はやや難易度が高かったと思われるが「一般医学」においては難易度はそれほど高くなく日頃の学習量がそのまま点数に比例したであろう。

    まとめ

    第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験

    問題 69 乳幼児の標準的な心身の発達に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 70 高齢者に対する次の見方のうち,エイジズム(ageism)に該当するものを1つ選びなさい。
    問題 71 加齢に伴う身体機能の変化として,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 72 尿失禁に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。
    問題 73 「どこか行きたいところはないですか」と介護福祉職が聞いても,「ない」と答えるだけである。Aさんの現在の状態を説明するものとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 74 高齢者の疾患と治療に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 75 高齢者の便秘に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。
    問題 76 整形外科を受診したところ,変形性膝関節症(knee osteoarthritis)と診断された。Bさんの身長は 153 cm,体重は 75 kg である。Bさんの日常生活の留意点として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。