介護福祉士「障害の理解」の勉強方法と出題傾向は?過去問第31回(2018年度)~第27回(2014年度)


この記事を読むと分かること

  • 介護福祉士「障害の理解」の過去5年間の出題傾向が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解」の頻出問題が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解」の勉強方法が分かる
  • 介護福祉士「障害の理解-過去問」第31回(2018年度)

    問題87は「ノーマライゼーション」
    問題88は「リハビリテーション」と出題基準の中項目「障害福祉の基本理念」から出題された。
    問題89~93では身体障害、精神障害、知的障害、発達障害、難病から出題が続いている。
    問題92の「発達障害者が一般就労に向けて利用するサービス」について
    問題93では、「網膜色素変性症」に対する選択肢が他の眼病等の特徴が目立っているため、消去法でも対応できたのではないか。
    問題94は「障害受容における最初の段階」は、解答しやすい出題である。
    問題95は、関節リウマチの方の障害に伴う日常生活への影響をイメージできているかが問われている。
    問題96は、唯一短文事例問題であった。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第30回(2017年度)

    問題87は、ICFに関する出題
    問題88、89では障害者福祉の基本理念である「ノーマライゼーション」や「ソーシャルインクルージョン」と続いたところも内容の出題数にやや変化がみられているように感じる。
    問題90の「高次脳機能障害」
    問題91の「自閉症」といった出題傾向の高い内容
    問題94の適応機制の「退行」についても解答しやすい問題であったといえる。
    問題95、96では障害者福祉に関わる職種とその業務内容の理解、事業や制度の内容の理解ができていないと難しい問題である。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第29回(2016年度)

    問題88は、過去にあまり出題されていない「老人性難聴の特徴」
    問題93では、図の自助具のどこをどのように使用するものかを考えつくことは簡単であるが、選択肢の病気の特徴を理解できていないと難しい。
    問題94では「ホーエン・ヤール重症度分類」という言葉に動揺した方もいたと思うが、落ち着いてパーキンソン病の特徴や適切な対応を選択できれば正解できる。
    その他は
    「うつ病の対応」
    「広汎性発達障害の特徴」
    「筋委縮性側索硬化症(ALS)の特徴的な障害」
    「障害受容過程のショック期の特徴」
    「リハビリテーションの医療職」
    「家族への支援」

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第28回(2015年度)

    問89から94は「高次脳機能障害」や「自閉症スペクトラム障害」、「呼吸器障害」とのような例年出題傾向にある疾患や状態に関する出題が多く、過去問題を経験したり、消去法を用いたりしても正解に導ける問題であり、しっかりと回答できる問題である。
    問95は「障害者総合支援法」の地域生活支援事業の内容を問うものであるが、選択肢はどれも当てはまるように思えて難問である。

    介護福祉士「障害の理解-過去問」第27回(2014年度)

    例年出題されることの多い「統合失調症」や「高次脳機能障害」、「知的障害」といったキーワード
    特に「問題94」については、「上肢リンパ浮腫」という過去にあまり出題実績のない疾患であるうえに、選択肢文も選びかねないものが多く消去法をするにしろ難易度が高い。

    まとめ

    「ノーマライゼーション」
    「リハビリテーション」
    身体障害
    精神障害
    知的障害
    発達障害
    難病
    ICFに関する出題
    「ソーシャルインクルージョン」
    「高次脳機能障害」
    「自閉症」
    適応機制の「退行」について
    「老人性難聴の特徴」
    「ホーエン・ヤール重症度分類」
    「うつ病の対応」
    「広汎性発達障害の特徴」
    「筋委縮性側索硬化症(ALS)の特徴的な障害」
    「障害受容過程のショック期の特徴」
    「リハビリテーションの医療職」
    「家族への支援」
    「統合失調症」
    「高次脳機能障害」
    「知的障害」

    引用:https://fukushi.akamaru.jp/exam/ana_kaigo/gogo.html

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です