介護福祉士国家試験 科目別出題傾向と頻出語句-リハビリテーション論-


平成19年1月28日(日)に行われた第19回介護福祉士国家試験を受験した私が実際にまとめたノートを科目ごとにお伝えします。

私が受験した時と現在の科目名が違いますが、それぞれ現在の科目にもリンクしますので、そのまま記していきます。

リハビリテーション論

頻出語句

身体障害者福祉審議会の答申と全人間的復権

ICFにおける活動制限と参加制約

脳卒中による片麻痺に見られる障害

出題傾向

リハビリテーションの理念と領域

  リハビリテーションの理念、ICF

障害の程度と影響

  廃用症候群、老化、片麻痺

  起き上がり、立ち上がり、歩行の書く動作における援助方法

リハビリテーションの展開

  日常生活運動に関する内容、日常生活動作の基礎と応用、日常生活用具の給付

各疾患の障害に関する問題、それに対する介護方法

  各疾患の特徴、患者の発生頻度等

ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です