介護福祉士国家試験 科目別出題傾向と頻出語句-レクリエーション活動援助法-


平成19年1月28日(日)に行われた第19回介護福祉士国家試験を受験した私が実際にまとめたノートを科目ごとにお伝えします。

私が受験した時と現在の科目名が違いますが、それぞれ現在の科目にもリンクしますので、そのまま記していきます。

レクリエーション活動援助法

頻出語句

レジャー憲章における障害のある人々のレクリエーション享受の権利

レクリエーション援助者の役割

痴呆症の症状

出題傾向

レクリエーションの基本的理解

  レクリエーション概念およびその歴史的変遷

レクリエーションと社会福祉

  セラピューテックレクリエーション理論

レクリエーションの利用者と援助者

  集団的レクリエーション援助と個別レクリエーション援助のそれぞれの特徴

レクリエーション計画の作成と実行・評価

  計画の立案、理論の展開(アセスメント⇒目標の設定⇒実施⇒評価)

レクリエーション援助の実際・展開

  具体的状態像(認知症・四肢麻痺)に関する援助技術

ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です