介護福祉士国家試験 科目別出題傾向と頻出語句-介護概論-


平成19年1月28日(日)に行われた第19回介護福祉士国家試験を受験した私が実際にまとめたノートを科目ごとにお伝えします。

私が受験した時と現在の科目名が違いますが、それぞれ現在の科目にもリンクしますので、そのまま記していきます。

介護概論

頻出語句

社会福祉士及び介護福祉士法における介護の対象と介護福祉の定義

自立生活の支援

自己決定

介護従事者の利用者に対する努め(生活史の理解・生活習慣や意思の尊重)

介護従事者の知識・技術・態度

痴呆高齢者の介護

介護を行う家族への精神的援助

治療を要する利用者の介護

室内気候

安楽

アセスメント

情報収集の方法

労働安全衛生法

介護福祉士の医療k猛威の禁止

社会福祉士と介護福祉士の医療関係者との連携

連携する医療関係職種

出題傾向

介護の概念

  介護従事者の役割、介護の対象、介護の業務、職業倫理、人権擁護、自立支援等

利用者の理解と援助関係

  老人・障害者の理解、認知症高齢者えhの対応、傾聴、共感などのコミュニケーション技法、スーパービジョン

介護援助の方法

  居住空間の整備と食事の援助

介護過程

  介護過程の要素、セルフケア能力の重視、ケアマネ自慢との見直し(介護保険法改正)

さまざまな場における介護

  在宅サービスの期間とサービスの内容

よりよい介護のための連携

  医療従事者との連携、医療行為の禁止、受診時の介護、情報共有化と個人情報の保護

介護従事者の安全対策

  労基法、労安法、感染予防、ボディメカニクス、介護従事者の県子管理

ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です