介護福祉士国家試験 科目別出題傾向と頻出語句-形態別介護技術-


平成19年1月28日(日)に行われた第19回介護福祉士国家試験を受験した私が実際にまとめたノートを科目ごとにお伝えします。

私が受験した時と現在の科目名が違いますが、それぞれ現在の科目にもリンクしますので、そのまま記していきます。

形態別介護技術

頻出語句

褥瘡

痴呆性高齢者の介護の原則

手引き歩行(ガイドヘルプ・誘導法)

伝音性難聴と感音性難聴と混合性難聴

聴覚障害者とのコミュニケーションの方法(読話・筆談・手話)

脳性まひ(痙直型・アテトーゼ型・強直型・失調型・混合型)

脊髄損傷(頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷)

脊髄損傷と排尿排便障害・尿路感染症

脊髄損傷と褥瘡の発生予防

頚髄損傷と体温調節機能の障害

消化器ストマーと人工肛門

出題傾向

虚弱高齢者の介護

  高齢者の身体特性を理解し、介護するうえでの必要な知識、観察のポイント、身体拘束

寝たきり高齢者の介護

  廃用症候群の知識を問う問題

認知症高齢者の介護

  周辺症状の要因分析、介護の原則

視覚障害者の介護

  ガイドヘルプの方法

聴覚、言語障害者の介護

  コミュニケーションに関する問題、難聴の特徴(感音性、伝音声)

肢体不自由(運動機能障害)者の介護

  肢体不自由をきだす疾患の特徴、片麻痺の介護、脊髄損傷の知識、福祉用具の利用方法

内部障害(内臓機能障害)者の介護

  人工ペースメーカー、ストマー等

精神障害者の介護

  精神障害とその症状

知的障害者の介護

  生活援助を行ううえで大切な介護者の接し方、配慮すべき点

重複障害者への介護

居宅での介護

  訪問介護員の支援のあり方等、在宅介護の原則

ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です