介護福祉士国家試験「介護の基本」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!


「介護の基本」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

介護の基本 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

介護福祉士を取り巻く状況

1)介護の歴史

  • 日本における介護の歴史的経緯
  • 介護福祉士の成り立ち

2)介護問題の背景

  • 少子高齢化、家族機能の変化、介護の社会化、高齢者虐待、介護ニーズの変化、その他

介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ

1)社会福祉士及び介護福祉士法

  • 介護福祉士の定義
  • 介護福祉士の義務
  • 名称独占と業務独占
  • 養成制度
  • 登録状況

2)専門職能団体の活動

  • 専門職集団としての役割、機能、その他

尊厳を支える介護

1)QOL

  • QOL(生活の質)の考え方

2)ノーマライゼーション

  • ノーマライゼーションの考え方、ノーマライゼーションの実現、その他

3)利用者主体

  • 利用者主体の考え方、利用者主体の実現、その他

自立に向けた介護

1)自立支援

  • 自立・自律の考え方、自己決定・自己選択、自立支援の考え方、自立支援の具体的展開
  • 生活意欲への働きかけ、エンパワメント、 その他

2)個別ケア

  • 個別ケアの考え方、個別ケアの具体的展開、その他

3)ICF

  • ICF(国際生活機能分類)の考え方、ICFの視点にもとづく利用者のアセスメント、その他

4)リハビリテーション

  • リハビリテーションの考え方
  • リハビリテーションの実際
  • ①病院・施設におけるリハビリテーション
  • ②在宅におけるリハビリテーション
  • ③介護予防
  • リハビリテーション専門職との連携、その他

介護を必要とする人の理解

1)人間の多様性・複雑性の理解

  • その人らしさの理解(生活史、価値観、生活感、生活習慣、生活様式等の多様性、その他)

2)高齢者のくらしの実際

  • 健康、生活のリズム、生活文化、家族・世帯構成、役割、すまいと環境、就労・雇用、収入・生計、社会活動・余暇活動、レクリエーション、その他

3)障害のある人のくらしの理解

  • 障害のある人の生活ニーズ
  • 生活を支える基盤(各種年金制度、生活保護、介護保険)
  • 生活を支えるサービスの現状と課題
  • その他

4)介護を必要とする人の生活環境の理解

  • 生活、生活環境の考え方
  • 家族
  • 地域
  • 社会

介護サービス

1)介護サービスの概要

  • ケアプラン、ケアマネジメントの流れとしくみ
  • 介護保険のサービスの種類
  • サービスの報酬、算定基準
  • その他

2)介護サービス提供の場の特性

  • 居宅
  • 施設
  • その他

介護実践における連携

1)多職種連携(チームアプローチ )

  • 多職種連携(チームアプローチ)の意義と目的
  • 他の福祉職種の機能と役割、連携
  • 保健医療職種の機能と役割、連携
  • その他の関連職種との連携

2)地域連携

  • 地域連携の意義と目的
  • 地域住民・ボランティア等のインフォーマルサービスの機能と役割、連携
  • 地域包括支援センターの機能と役割、連携
  • 市町村、都道府県の機能と役割、連携
  • その他

介護従事者の倫理

1)職業倫理

  • 介護福祉士の倫理
  • 介護実践の場で求められる倫理
  • その他

2)利用者の人権と介護

  • 身体拘束禁止、虐待防止、その他

3)プライバシーの保護

  • 個人情報保護、その他

介護における安全の確保とリスクマネジメント

1)介護における安全の確保

  • 観察
  • 正確な技術
  • 予測、分析

2)事故防止、安全対策

  • セーフティマネジメント
  • 緊急連絡システム
  • 転倒・転落防止、骨折予防
  • 防火・防災対策
  • 利用者の生活の安全(鍵の閉め忘れ、消費者被害、その他)

3)感染対策

  • 感染予防の意義と介護
  • 感染予防の基礎知識と技術
  • 感染管理
  • 衛生管理
  • その他

介護従事者の安全

1)介護従事者の心身の健康管理

  • 心の健康管理(ストレス、燃え尽き症候群(バーンアウト)、その他)
  • 身体の健康管理(感染予防と対策、腰痛予防と対策、その他)
  • 労働安全

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

介護の基本まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です