介護福祉士国家試験「介護過程」覚え方・勉強方法は?科目系列マップで頭の整理!


「介護過程」は、意外に勉強しやすい話をよく聞きます。
この科目は、問題数も多くまた全体を把握しにくいものです。。
そこで、科目系列マップをこしらえてみました。

介護過程 科目系列マップ

※PDFの画像をページ内に表示したため、とても小さく表示されていると思いますので欲しい方はメールにて連絡してください。お知らせ頂いたメール宛てにPDFファイルと添付させていただきます。

介護過程の意義

1)介護過程の意義と目的

介護過程の展開

1)情報収集とアセスメント

  • 情報収集の方法
  • 情報の解釈・分析
  • 情報の関連づけ・統合
  • 課題の明確化

2)課題、目標

  • 生活支援の課題、目標のとらえ方
  • 目標の設定(長期目標・短期目標)
  • その他

3)計画

  • 具体策(支援内容・方法)

4)実施

  • 計画にもとづいた実施
  • 安全・安心・自立に配慮した実施
  • 利用者の反応や効果への気づき

5)評価

  • 評価の目的
  • 評価の内容、方法(目標の達成度、具体策の適否)
  • 修正の必要性
  • その他

介護過程の実践的展開

1)自立に向けた介護過程の展開の実際

2)利用者の状態・状況に応じた介護過程の展開の実際

介護過程とチームアプローチ

1)介護過程とチームアプローチ

  • ケースカンファレンス
  • サービス担当者会議
  • ケアプランと介護過程
  • 他の職種との連携
  • その他

まとめ

介護福祉士の国家試験対策では、全問正解(125点)を取る必要がないことをしっかりと理解しておいて下さい。満点を取ろうとするからすべての過去問に取り組んで、点数が取れないと頭を抱えてしまう受験生が多くいます。そんな時には、一息置いて70%~80%で良いんだと。

介護過程まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です