介護福祉士筆記試験に合格するための勉強方法その1「得意科目を確実に」


人それぞれ得意・不得意分野があると思いますが、介護福祉士国家試験の科目にとっても得意科目・不得意科目があるはずです。介護福祉士国家試験の全科目を得意と言う人は、絶対にと言ってよいと思いますが、いないでしょう。

介護福祉士国家試験は、正答率60%以上あれば合格できる試験で、実際に過去の合格率を見ても50%以上と意外と優しい方の国家試験ではあると思いますので、苦手科目は捨てて、得意科目で確実に点数を稼いで、正答率60%以上(75点以上)になるように勉強しましょう。

得意科目を知る方法は?

介護福祉士の筆記試験はさまざまな分野から出題されます。法令だったり歴史だったり、また、実際の訪問介護の現場での事例だったり、認知症高齢者の事例だったり。

実際に介護現場で仕事をしていれば、向き合ってきたであろう事例が頭に浮かぶはずです。介護現場での仕事しかしてこなかった人には、精神障害の事例は、どう頑張ってみても想像もできません。

それなので、得意科目を知る方法として、今まであなたが従事してきたお仕事が、あなたの「得意科目」となるはずです。実際に、過去問題などを解いてみてください。おのずと分かってくるはずです。

介護職として高齢者と関わってきた人が、精神疾患のことは理解しにくいし、精神障害や知的障碍者などの仕事をしていた人にとっては、高齢者の状況など、想像にも出てきません。

得意科目を知ったらどうする?

ちょっと極端な話にはなりますが、得意科目で合格点が取れるのであれば、「苦手科目」は捨てる。勉強しないという方法もありますが、そんなことをしていたら、不安が増大していくだけです。

苦手科目を勉強しないということではなく、苦手科目で点数が取れない分、得意科目で点数を稼いで合格をゲットするということです。

実際に、2016年度に行われた過去問を科目ごとにご紹介しますので、挑戦して、得意科目と苦手科目を判別してみましょう。そうすることで、得意科目で点数を稼ぐという手法の準備ができます。

領域:人間と社会 16問
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解

領域:介護 52問
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程

領域:こころとからだのしくみ 40問
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ

領域:医療的ケア 5問
医療的ケア

総合問題 12問
総合問題

まとめ

介護福祉士試験に受かる勉強方法・合格するコツ その2「己を知る」でもご紹介しましたが、得意科目と苦手科目を自分自身で判別しましょう。

科目ごとの過去問を自分なりに整理して、ノートにまとめるなりして「自覚」しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です