介護福祉士試験 コミュニケーション技術- 介護におけるチームのコミュニケーション-合格するための過去問分析


介護におけるチームのコミュニケーション(過去問=試験対策)

○介護における記録の目的には、利用者の生活の向上、よりよい介護サービスを提供、介護福祉士の教育及びスーパービジョンなどがある。

○介護記録に書く事実には、主観的事実と客観的事実があり、利用者の主観的事実は支援活動において非常に重要である。

○介護記録を記述する場合には、「叙述体」・「要約体」・「説明体」などが使われる。

○護記録での叙述体は、客観的事実や起こった出来事をそのまま記録するときに使われる文体である。

○介護記録での逐語体は、介護従事者と利用者のやりとりを加工せず、そのまま記録した文体である。

○介護記録での要約体は、要点を整理してまとめるときに用いる文体である。

○介護記録での説明体は、出来事に対する介護従事者を解し、説明するときに用いる文体である。

○介護の記録は、援助チームのメンバーが見る場合があるので、本人の不利益になる事項は原則として公開しない。

○利用者にかかわるすべての者が、お互いの記録や情報を共有し利用者の自立援助に活用する。

○介護記録に記載した介護計画の内容については、利用者本人の承認を得ることが望ましい。

○利用者と家族は、介護記録を閲覧することができる。

〇介護記録は、介護計画の実施・評価に役立てるものであり、介護従事者の主観的判断も記録する。

〇介護記録は客観的な事実を書くことが重要であり、利用者の感情的な表現も記録する。

○記録者は署名をし、責任を明確にする。また介護記録等は鉛筆で記入してはならない。

〇介護記録は、利用者の状況を中心に記録する。

〇介護記録には、利用者の身体面も感情面もすべて記録する。

○記録は、介護従事者が事実を要約整理して記録するのが原則である。しかし利用者の問題状況を理解するためには逐語的に記録することも必要な場合がある。

○記録は、5W1H(時間・場所・主体・客体・原因・状態)の要素が必要である。

〇利用者の個人情報の保護には十分留意しなければならない。

○介護記録の書式は、利用者の情報を総合して判断するために定式的なものが必要になる。

○食事摂取量の記録には、「多い」「少ない」などの主観的な表現を用いることは好ましくない。

〇介護記録は、介護に関する裁判の際に証拠として採用されることもある。

○施設の介護職員が行う介護記録等は、利用者数、利用者の状態と介護内容、特別に変わった状況等を記録し、勤務交替時に報告する。

〇利用者のバイタルサインに異常を認めた場合、直ちに看護師等医療従事者に報告し、介護記録に記録する必要がある。

〇介護過程の記録の主目的は、介護計画が適切に実施されているか、目標が達成できているかを検証するものです

○ケアカンファレンスでは、参加メンバーは事前に資料をよく読み、疑問や意見をメモなどしておくことが大切である。

○ケアカンファレンスは、参加メンバーが知識・経験・技術を集結し、よりよいケアについて考える場なので、経験年数が長い、短いは関係なく意見を述べあうことが大切である。

○USBフラッシュメモリは、紛失や盗難の危険性が高いので介護記録等の情報の管理に留意する。

○「ヒヤリ・ハット」事例を共有する目的の一つに、事故の未然防止に役立つことがある。

○「ヒヤリ・ハット」事例を共有する目的の一つに、他人のヒヤリ・ハットを共有化できることがある。

○「ヒヤリ・ハット」事例を共有する目的の一つに人が経験したヒヤリ・ハットを知ることで、日常、問題視していなかった業務の中に潜在的な危険があることに気づくことがある。

○ ヒヤリ・ハット報告の義務付けによって、日頃は気づかなかった些細なミスに対しても意識するようになる。

○カンファレンスの場は、特にスーパービジョンの実践の場として極めて重要な意味を持っている。

○援助者間で報告・連絡しあう場合、事実と意思は区別しながら内容を一つひとつ確認し、必要に応じてメモを取る。

○施設の介護職員が行う記録等は、利用者数、利用者の状態と介護内容、特別に変わった状況等を記録し、勤務交替時に報告する。

○ブレインストーミング(brainstorming)の原則に、1.判断延期 2.自由奔放 3.質より量 4.結合改善がある。

介護におけるチームのコミュニケーション勉強メモ

介護記録を書く目的

介護の現場では、記録を残すことが法律で義務付けられています。また、記録は関係機関やご利用者・ご家族の閲覧されるものです。

①職員間で情報を共有し、継続的なケアを提供するため
②利用者の最新の状態や希望を、ケアプランに反映させるため
③利用者・家族側と、事業所・職員側の信頼関係を築くため
④職員の専門職としての研さん、意識向上のため
⑤事故や訴訟など、万一の事態に証拠として備えるため

介護記録の書き方 基本ポイント

「5W1H」を意識する
客観的事実と主観を分けて書く
略語・専門用語はなるべく控える
どんなケア・対処を取ったかを明記
ケア・対処を行った根拠も明記

介護記録の記述の形式

介護記録を記述する場合には、「叙述体」・「要約体」・「説明体」などが使われる。

(1)叙述体
叙述体とは、時間の順序に従って利用者の状況の変化や支援の内容などを記録していく方法です。この記録法では、過去からの時間の流れに沿って、何がどのように変化したのかがわかるとともに、どの時点で何が行われたのか、いつ誰がどのようなことを行ったのかなどが明確になります。
(2)要約体
要約体は、利用者に対する支援の内容などを項目ごとに整理してまとめるもので、全体像や要点を整理するのに適しています。この記述方法は、書き手の思考を通過して表現されるため、書き手の着眼点を明確にできるという特徴があります。必要な項目別に抽出して整理する方法なので、生活歴の記録、アセスメントの要約、各種報告書などによく用いられます。
(3)説明体
説明体は、事実に加えて、支援の過程で起こるさまざまな出来事に対する書き手の解釈や考察を記録する方法です。記録のなかには、事実と解釈や意見との区別がつきにくいものがありますが、「事実」と「事実に対する解釈・意見」とは区別して書くことが重要です。

カンファレンス

カンファレンスは「会議」という意味で、「ケアカンファレンス」とは医療や福祉の現場で、よりよい治療やケアのためにスタッフ等関係者が、情報の共有や共通理解を図ったり、問題の解決を検討するための様々な会議のことです。
スタッフが学びや気づきを深めるために、事例検討を行うこともあります。

ヒヤリハット報告書

ヒヤリハットとは、事故には至らなかったものの、「ヒヤリ」「ハッ」とした経験のことです。「ヒヤリハット報告書」とは、こうした経験を集め、情報共有することで、事故防止の対策を立てるための報告書です。

ヒヤリハット報告書の記入内容(例)
①利用者の基本情報
②発生時の状況(発生日時・場所・事故の種別・受傷程度)
③内容(発生時の状況・経緯・原因など)
④対応
⑤想定される事故
⑥再発防止に向けた対策

5W1Hを基本に短い文で書く
①When:いつ?(時間)
②Where:どこで?(場所)
③Who:誰が?(主体)
④What:なにを?なにが?(物・行動)
⑤Why:なぜ?どうして?(理由・原因
⑥How:どうした?どうする?(対応・対策)

客観的に書く
その場にいなかった管理者やスタッフが読んでも意味が正確に伝わるよう、見たまま、聞いたまま、客観的な事実を書くようにします。

専門用語・略語・施設独自の言葉は使わない
ヒヤリハット報告書は、管理者や介護職員だけが見るとは限りません。利用者のご家族など外部の方が見ることも考え、誰が読んでも理解できるよう記録する必要があります。リハビリパンツのことを「リハパン」、ナースコールのことを「NC」というように専門用語や略語、職場の人にしかわからない言葉は使わないようにしましょう。

ブレインストーミング

ブレインストーミングとは、複数人でアイデアを出し合い、ユニークで新しいアイデアを生み出すことを目的とした会議手法の一つです。

ブレインストーミングを成功させる4つの原則・ルール
(1)判断・結論を出さない
(2)ユニークなアイデアを歓迎する
(3)質より量を重視する
(4)アイデアを結合させる

ブレインストーミングの原則

1.判断延期
参加者はアイデアを出すことだけに専念して、判断は後ですればよいということ
2.自由奔放
発想は「自由奔放」
3.質より量
量をどんどん出せば良い質のものも出てくる、ということ
4.結合改善
集団で衆知を集めてアイデアをだすこと

“介護福祉士試験 コミュニケーション技術- 介護におけるチームのコミュニケーション-合格するための過去問分析” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です