介護福祉士試験 人間関係とコミュニケーション-人間関係の形成-合格するための過去問分析


人間関係の形成(過去問=試験対策)

○自己覚知(じこかくち)とは、自分が今、どのような行動をとり、どのように感じているかを客観的に意識できることである。

○自己覚知とは、自分の価値観や感情などを客観的に理解することである。

○自己覚知するには、自分の感情の動きやその背景を意識できるようにしなければならない。

○援助者が利用者を理解するためには,援助者自身の自己覚知が前提となる。

○自己覚知とは,利用者自身が置かれている状況を,自らが理解することである。

○「受容」とは、相手に対する先入観や偏見を捨ててあるがままに受け入れるということである。

○「共感」とは、利用者の感情を把握して、その感情に寄り添うことをいう。

○「共感」は、傾聴から生ずるものであるが、その人の心身の状態や生活の状況を知ることによって,より深い共感が得られる。

○相手に関心と共感を持って聴くことにより、信頼関係を深めることができる。

○「共感」とは、相手の気持ちに心を寄せて、共に感じ、相手の見方を理解しようとすることである。

○「個別化の原則」とは、援助者が利用者の問題の個別性をよく理解し、かつ、一人一人の特有の性質を認め処遇にあたることである。

○「意図的な感情表現」とは、利用者が自分自身の感情、喜びや好意などの肯定的なものや、憎しみや敵意などの否定的な感情などあらゆる感情を自由に表現することを認めることである。 

○「統制された情緒関与」とは、 援助者が利用者の感情の意味を理解し、援助関係の目的達成のため適切な反応を示すことである。

○「受容」とは、クライエントをあるがまま、良い面も悪い面もすべてそのまま肯定も否定もせず受け入れることである。

○「非審判的態度」とは、援助者が自分の価値観や倫理的判断によって、利用者の行動や態度を批判したり、それを利用者に押しつけたりしないことである。

○「自己決定」とは 利用者が自分自身の考えや意志に基づき、自ら決定し行動できるよう援助することである。

○「秘密保持」とは 利用者に関する情報は利用者の権利を守るため、決して他人(家族や同僚であっても)に漏らしてはならないということである。

○「バイスティックの7原則」とは、個別化の原則、意図的な感情表出の原則、統制された情緒的関与の原則、受容の原則、審判的態度非の原則、自己決定の原則、秘密保持の原則である。

○ラポールは心理学用語で、セラピストとクライエントが互いに信頼しあい、感情の交流を行うことができる状態のことをいう。

○ラポールを形成するためには「共感」、「受容」そして「傾聴」も大切である

〇利用者と介護従事者との相互の信頼関係の形成を進めるために、まずはコミュニケーションからはじめると行動観察以上の情報が得られます。それから行動を観察すること。

○利用者と介護従事者との相互の信頼関係の形成を図るために、介護従事者は簡潔な自己紹介をした上で,利用者がどのような生活を送りたいかを聞く。

○ボーエンは「家族システム理論」を展開し、分裂病患者の家族全員を入院させる治療法を試みたり、自分自身の親類縁者を軒並み訪問して面接し、過去の因縁話を堀り起して自己の精神的な分化の過程に与えた情緒的影響の「ルーツ探し」をするなど、大胆な試みを展開した。

○家族アセスメントの際の「ファミリーマップ」は、ミニューチンの構造的家族理論が背景となっている。

○「エコマップ」とは、社会福祉援助において、利用者と家族やさまざまな社会資源との関係を、地図のようにシステム的、図式的に描き出すことをいう。

○ 「自己開示」とは、自分からは言いづらいであろう情報や秘密にしたほうがいい情報を打ち明けることである。

〇「自己開示」では、自分のことを適切伝えられると、相手もそれに応えて思っていることを語りはじめることから人現関係が深まっていく。

人間関係の形成の勉強メモ

自己覚知

自己覚知とは、言葉通り「自分を知る」ことです。自分自身との対話によって、自分のことをよく把握することです。利用者に向き合う際に、介護スタッフなどの援助者は、自らの個性や、性格、考え方やリアクションの傾向をしっかりと把握し、プロとして自分の感情や態度をしっかりコントロールできる状態でなければなりません。
・利用者とのコミュニケーション
・同僚スタッフとのコミュニケーション
・日常生活におけるストレス

自己覚知とは、怒ったり冷静さを失っていたりする自分を、もうひとりの自分が見つめて語りかけることです。日常生活におけるさまざまな迷いや不快な感情に対して、冷静に客観視できれば、人への接し方が変わり、問題があるときには、解決の糸口が見えてくるはずです。

自己覚知できることにより利用者の感情に左右されることなく冷静に問題の把握や判断が出来るようになるので、自己覚知は必要なことです。

自己覚知とは,援助者自身のものの見方や考え方について,自ら理解することである。

自分の考え方の傾向を知ることで価値観の違う方とも冷静に接することができます。

受容

受容とは、相手の存在そのものを受け止める事です。受容は決して相手を否定したり評価しない考え方なので、とても癒やされます。受容が形になって現れているカウンセラーは、安心出来る穏やかな笑顔で、その人の側にいるだけで癒される感じがします。

共感

共感とは、「他人の考えや主張に、その通りだと感じたり、同じ気持ちを持ったりすること」という意味です。相手の考えや主張がわかるということとほとんど同義ですので、対人コミュニケーションにおいて絶大な力を発揮します。

バイスティックの7原則

原則1:個別化の原則(相手を個人としてとらえる)

クライエントの抱える困難や問題は、どれだけ似たようなものであっても、人それぞれの問題であり「同じ問題は存在しない」とする考え方。

原則2:意図的な感情表出の原則(相手の感情表出を大切にする)

クライエントの感情表現の自由を認める考え方。特に抑圧されやすい否定的な感情や独善的な感情などを表出させることでクライエント自身の心の 枷かせを取り払い、逆にクライエント自身が自らを取り巻く外的・内心的状況を俯瞰しやすくする事が目的。

原則3:統制された情緒的関与の原則(援助者は自分の感情を自覚して吟味する)

ワーカー自身がクライエント自身の感情に呑み込まれないようにする考え方。クライエントを正確にかつ問題無くケース解決に導くため「ワーカー自身がクライエントの心を理解し、自らの感情を統制して接していく事」を要求する考え方。

原則4:受容の原則(受け止める)

クライエントの考えは、そのクライエントの人生経験や必死の思考から来るものであり、クライエント自身の『個性』であるため「決して頭から否定せず、どうしてそういう考え方になるかを理解する」という考え方。

原則5:非審判的態度の原則(相手を一方的に非難しない)

クライエントの行動や思考に対して「ワーカーは善悪を判じない」とする考え方。あくまでもワーカーは補佐であり、現実にはクライエント自身が自らのケースを解決せねばならないため、その善悪の判断もクライエント自身が行うのが理想とされる。

原則6:自己決定の原則(相手の自己決定を促して尊重する)

「あくまでも自らの行動を決定するのはクライエント自身である」とする考え方。問題に対する解決の主体はクライエントであり、この事によってクライエントの成長と今後起こりうる同様のケースにおけるクライエント一人での解決を目指す。

原則7:秘密保持の原則

クライエントの個人的情報・プライバシーは絶対に他方にもらしてはならないとする考え方。いわゆる「個人情報保護」の原則。他方に漏れた情報が使われ方によってクライエントに害を成す可能性があるため。

ラポール

心理学で、人と人との間がなごやかな心の通い合った状態であること。親密な信頼関係にあること。心理療法や調査・検査などで、面接者と被面接者との関係についていう。

ラポール形成には受容と共感意外に「傾聴」も必要である。

ファミリーマップ

ファミリーマップ
(家族関係を記号で図示。家族のコミュニケーションや力関係、情緒的な結びつきを単純化してして捉えることである)。

エコマップ

エコマップ(ecomap)とは、要介護者を中心として、その周辺にある社会資源(家族、 兄弟姉妹、友人、近隣住民、医師、各種介護関連機関など)との相関関係を、ネットワーク として表現した地図のことです。 生態地図とも言われます。

“介護福祉士試験 人間関係とコミュニケーション-人間関係の形成-合格するための過去問分析” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です