介護福祉士試験 介護過程-介護過程の意義-合格するための過去問分析


介護過程の意義(過去問=試験対策)

○介護過程とは、利用者が望むよりよい生活や人生を実現するために行う専門知識を活用した思考過程のことである。

○介護過程は、質の高い介護実践を達成させるためのプロセスであり、介護を進めていく上での手順や経過という意味である。

○介護過程では、客観的で科学的な根拠に基づいた介護の実践が可能になり、それを評価することが利用者のQOLを向上させることにつながる。

○介護過程は、専門知識・技術を根拠として展開のプロセスを言語化し記録するため、実践の根拠を後から振り返ることができる。

○介護過程では、利用者の尊厳の保持や自立支援の視点から介護を展開するため、利用者を主体とした個別のニーズに対応する「個別ケア」の実践を可能にする。

○介護過程の目的は、「利用者」のよりよい生活の実現であり、その人らしい生活を実現することである。

○介護過程の目的は、利用者の自立を支援し、自己実現を目指すものである。

○介護過程の目的は、利用者個々に適した介護を提供することである。

○介護過程の展開の目的は「アセスメント→計画の立案→実施→評価」のプロセスを繰り返すことによって、利用者の望む生活の実現を支援すること。生活全般を自立してもらうことと、身体機能を自立してもらうことの2つの意味がある。

○展開のプロセスは、アセスメント、課題の明確化、計画、実施、評価となり、専門知識に基づき、なおかつ客観的であることが必要とされ、課題達成のための根拠を明確にする思考が極めて重要となる。

○介護過程の意義は客観的で科学的な介護が可能になること、誰が行っても一定レベルのケアが提供できること、要介護者の参画と同意を得て行うものであり、利用者主体のケアが実践できること。その人らしいよい生活が営めること、根拠(エビデンス)に基づいた介護の実践が可能なること、介護の専門性が高められること、等がある。

介護過程の意義の勉強メモ

介護過程とは

介護過程とは、利用者さまが望む「自分らしい生活」を実現させるために必要な思考過程のことを指します。利用者の情報や希望を細かく分析することで介護ニーズを明確にし、それに基づいて介護プランを計画、実践することです。

情報収集

アセスメント

課題の明確化

介護計画の立案

実践・評価

介護過程の目的

①利用者のよりよい生活の実現であり、その人らしい生活を実現することである。
②利用者の自立を支援し、自己実現を目指すものである。
③利用者個々に適した介護を提供することである。
④プロセスを繰り返すことによって、利用者の望む生活の実現を支援すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です