介護福祉士試験 医療的ケア-喀痰吸引-合格するための過去問分析


喀痰吸引(過去問=試験対策)

〇喀痰の鼻腔内吸引は、吸引圧をかけない状態で吸引チューブを挿入する

〇喀痰の鼻腔内吸引は、吸引チューブを回転させながら吸引する

〇喀痰の気管内吸引は、カテーテルは滅菌したものを滅菌操作で行う 

〇介護福祉士が医師の指示の下で行う喀痰吸引の範囲は、咽頭の手前までである。

〇喀痰吸引等研修により介護福祉士は医師の指示や看護師との連携のもと「たんの吸引」「経管栄養」が実施できるようになった。

〇喀痰吸引物は吸引びんの70~80%になる前に廃棄する。

喀痰吸引の勉強メモ

痰(たん)の吸引等の行為

平成24年度から、介護職員等によるたんの吸引等が将来にわたってより安全に実施されるように、「社会福祉士及び介護福祉士法」が一部改正され、一定の研修を受けた介護職員等においては、医療や看護との連携による安全確保が図られている等、一定の条件の下でたんの吸引等の行為を実施できることとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です