介護福祉士試験 医療的ケア-経管栄養-合格するための過去問分析


経管栄養(過去問=試験対策)

〇経鼻の経管栄養で挿入時は、体位を坐位または半坐位にする。

〇経鼻の経管栄養では、カテーテルの先端が咽頭部を通過するまでは、頸部を前屈にする。

○経鼻の経管栄養で挿入後は、カテーテルから胃内容物を吸引して挿入部位を確認する。

○経鼻経管栄養法で注入前に胃内容物を吸引するのは、胃内に挿入されていることを確認するためである。

○経鼻経管栄養法で注入中は、Fowler〈ファウラー〉位にするのは逆流の防止のためである。

○経鼻経管栄養法で注入終了後に微温湯を流すのは、カテーテル内に食物が残るために起こる腐敗・閉塞の予防のためである。

○経鼻胃管栄養法で栄養物を体温程度に温めるのは、下痢の予防のためである。

○経鼻胃管栄養法で注入前に空気を入れるのは、チューブが胃に入っていることを確認するためである。

○経鼻胃管栄養法でチューブをクレンメで止めるのは、注入した栄養物や胃液が排出されないようにするためです。

経管栄養の勉強メモ

実施可能な経管栄養

①胃ろうまたは腸ろう
②経鼻

胃ろう
嚥下機能に問題があり、誤嚥やそれによる肺炎などの危険性が高いものの、胃や腸の消化管には問題がない人に適した方法です。

腸ろう
胃ろうができない人には、お腹から腸に穴を開けて栄養を注入する「腸ろう」という人工栄養法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です