介護福祉士試験 発達と老化の理解-高齢者に多い病気-その他の生活習慣病-合格するための過去問分析


その他の生活習慣病(過去問=試験対策)

高血圧

○血圧には、心臓が収縮しているときの収縮期血圧(最高血圧)と、拡張しているときの拡張期血圧(最低血圧)がある。

○高血圧の基準については、WHOや日本高血圧学会のガイドラインで収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上と定義されている。

○原因が明らかでない高血圧を本態性高血圧(高血圧の90%以上がこのタイプ)といい、血圧上昇の原因がわかっている高血圧を二次性高血圧という。

○高血圧症の影響により動脈硬化、末梢動脈の硬化による心筋繊維の肥大(心肥大)、心臓表面の硬化による虚血性心疾患や心不全を起こしやすくなる。

○高血圧症の影響で、腎臓では細動脈硬化による腎不全を引き起こしやすくなる。

○高血圧症の予防としては、減塩、カリウムの摂取、十分な睡眠や休養、適度の飲酒、肥満解消、運動が必要となる。

糖尿病

○糖尿病は、インスリンの働きが悪くないr血糖値が上がる病気である。

○糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病がある。

○1型糖尿病は若者に多く、生活習慣とは関係なくインスリンの分泌がなくなる糖尿病である。

○2型糖尿病は、中高年に多く、食事や運動などの生活習慣が関係しておこるものである。

○糖尿病の検査には、空腹時の血糖をはかるもの、糖負荷試験、Hb1c(グリコヘモグロビン)などがある。

○糖尿病で合併をおこしやすい病気として、網膜症、腎症、神経障害などがある。

○低血糖がおきた場合は、冷汗、動悸、めまい等の障害がおきる。

○糖尿病には、インスリン依存型糖尿病とインスリン非依存型糖尿病がある。インスリン依存型糖尿病は若年者に多く、また進行が早くインスリン注射を必要とする。非インスリン依存型糖尿病は、中年過ぎに発症することが多く、進行は遅く肥満を伴うものが多い。非インスリン依存型糖尿病は食事療法と運動療法で治療は可能である。

○糖尿病には、1型糖尿病(インスリン依存型)とⅡ型糖尿病(インスリン非依存型)がある。日本では1型は糖尿者全体の5%程度、Ⅱ型は圧倒的に多く95%程度を占める。2型と比べると発症の頻度も少ないが、子供などに発症することが多いのがその特徴である。Ⅱ型糖尿病は成人に多く以前は成人型糖尿病といわれていた。

○1型糖尿病(インスリン依存型)の原因は何かしらのきっかけでインスリンを分泌する膵臓にあるランゲルハンス島のB細胞が破壊されることと考えられている。またⅡ型糖尿病(インスリン非依存型)分泌されるインスリンの量は必ずしも少なくはないのになんらかの原因で十分に作用しないために起こる糖尿病である。この原因は栄養の取りすぎや運動不足、肥満などで生活習慣からの原因が多い。

○糖尿病は初期では自覚症状がでないことが多い。糖尿病の特徴的な症状としては「のどの渇き」「急激な体重減」「倦怠感(疲れやすくなる)」「目のかすみ」などがある。

○糖尿病検査における血糖値の検査では比較的短期間の血糖の状態を把握できるが、HbA1c(グリコヘモグロビン)検査では長期的に見た血糖状態が把握できるという利点がある。

○糖尿病の3大合併症といわれているものに糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があるがこれ以外にも重要な合併症として「動脈硬化」がある。

○糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受け、視力が低下する病気である。

脂質異常

○脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常値を示す病気である。

○コレステロールが高いと高脂血症扱いされていたが、善玉のHDLコレステロールは高いほど動脈硬化が予防されるので近年は「高脂血症」という表現ではなく脂質異常」という病名が使われている。

○メタボリックシンドロームの定義は男性で腹囲85㎝以上、女性で腹囲90㎝以上で、かつ空腹時血糖、血圧、脂質異常の中で二つ以上異常がある場合に該当する。

○脂質異常に対する日常生活の注意点としては、運動することや「たばこ」をひかえることなどが重要である。

痛風

○痛風(つうふう)は、高尿酸血症 を原因とした 関節炎を来す疾患である。

○痛風の原因となるものには肥満、アルコールの摂取、プリン体の多い食事などの要因が高尿酸血症を引き起こす。

○高尿酸血症の日常生活の注意点としては、過食に注意し適度な運動に心がけることである。

○高尿酸血症の日常生活の注意点としては、尿量が増えると尿酸の排出が増えることから一日に1リットル以上の水分のとることが大切である。

慢性腎疾患

○タンパク尿がでたり、糸球体ろ過量がへった場合には慢性腎疾患の疑いがある。

○生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドローム、肥満等)は慢性腎疾患になりやすいので注意を要する。

慢性肝疾患

○肝疾患の中で、脂肪肝、アルコール性肝疾患は生活習慣病に位置づけられている。

○脂肪肝は中性脂肪が肝細胞に多く蓄積された状態であり、ほとんどの原因は過栄養やアルコールが占める。

○アルコールを摂取しない人に起こる脂肪肝が肝硬変に移行する病態を「非アルコール性脂肪肝」という。

○アルコール性肝障害は多量のアルコールを摂取することで肝細胞が障害されておこるものである。

その他の生活習慣病の勉強メモ

血圧

上の血圧:収縮期血圧といい、心臓が収縮したときの血圧。
下の血圧:拡張期血圧といい、心臓が拡張したときの血圧。

高血圧

高血圧とは、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上の状態
※病院や健診施設などで測定した血圧値であること。

高血圧は、本態性高血圧(原因がはっきりしない)と二次性高血圧(原因が特定できる)に分けられます。日本人の高血圧の約9割が本態性高血圧であり、生活習慣などの環境因子や遺伝的因子により起こります。

糖尿病

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気。

糖尿病ってどんな種類

1型糖尿病
1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなることにより血糖値が高くなる。
・若年に多い
・急激に症状が現れて、糖尿病になることが多い
・やせ型の方が多い
・膵臓でインスリンを作るβ細胞という細胞が壊れてしまうため、インスリンが膵臓からほとんど出なくなり、血糖値が高くなる
・インスリンの注射
2型糖尿病
2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすることにより血糖値が高くなる。
・中高年に多い
・症状が現れないこともあり、気が付かないうちに進行する
・肥満の方が多いが、やせ型の方もいる
・生活習慣や遺伝的な影響により、インスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりして血糖値が高くなる
・食事療法・運動療法、飲み薬、場合によってはインスリンなどの注射を使う

糖尿病の症状(高血糖における症状)

・喉が渇く、水をよく飲む
・尿の回数が増える
・体重が減る
・疲れやすくなる
・意識障害

糖尿病の三大合併症

糖尿病網膜症・・・糖尿病網膜症は成人後の失明原因の第一位
糖尿病腎症
糖尿病神経障害・・・手足のしびれや痛み、痛みや熱さに鈍くなる

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の脂質の値が基準値から外れた状態
血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが基準より高い、または善玉コレステロールが基準値より低い状態

脂質異常症診断基準(空腹時採血)

LDLコレステロール:140mg/dL以上
HDLコレステロール:40 mg/dL未満
トリグリセライド:150 mg/dL以上
Non-HDLコレステロール:170mg/dL以上

脂質異常症になる原因

・食習慣
・運動不足
・肥満

脂質異常症のリスク

・脳梗塞、脳出血
・心筋梗塞、狭心症
・大動脈瘤、大動脈解離
・閉塞性動脈硬化症
・腎臓障害

脂質異常症の治療

動脈硬化を進めないようにすることが治療の重要な目的

・禁煙する
・食生活を見直す
・運動量を見直す
・適正体重に近づけると同時に内臓脂肪を減らす

高尿酸血症

血液中の尿酸が高い状態が高尿酸血症。
痛風腎結石尿路結石の原因
高尿酸血症がある人では、肥満や高血圧、脂質異常症、高血糖を複合的に合併することが多い。

血液中の尿酸が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断
尿酸が高いだけでは、自覚症状はない。
進行していくと、結晶となった尿酸が関節・足先や耳たぶなどに溜まり、炎症が起こり、激痛の痛風発作が起こる。

高尿酸血症予防

・すべての種類のアルコールの量を減らす。
・プリン体(ビール・鶏卵・魚卵・肉・魚などに多く含まれる)の摂取が多い人はそれらを控える。
・水分と野菜を多くとる。
・軽い有酸素性運動を行う。

腎臓病

腎臓病は、腎臓の糸球体や尿細管が冒されることで、腎臓の働きが悪くなる病気
腎臓の機能はいちど失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全になりやすい。

慢性腎不全ではほとんど症状がない。
・尿の量が増える(特に夜間)
・目のまわりや足のむくみ
・疲れやすい
・食欲がない
・息切れがする
・皮膚がかゆいなどの症状が出てくる。

腎臓病の種類
1.急性糸球体腎炎
2.慢性糸球体腎炎
3.急速進行性糸球体腎炎
4.糖尿病性腎症

慢性肝炎

慢性肝炎とは、慢性的に肝臓に炎症を生じる疾患。
肝炎が6か月以上持続していると、慢性肝炎と診断されます。
原因としてはB型肝炎、C型肝炎がある。

肝疾患の種類
・急性肝炎
・B型肝炎
・C型肝炎
・肝硬変
・肝癌
・非アルコール性脂肪肝炎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です