介護福祉士試験 障害の理解-家族への支援-合格するための過去問分析


家族への支援(過去問=試験対策)

○レスパイトサービスとは、障害のある人とそのご家族が安心してゆったりとした生活が送れるように、障害のある人を一時的に介護する支援サービスである。

○レスパイトサービスは、在宅派遣型のサービスと、ショートステイ型のサービスの組み合わせで行われる。

○レスパイトケアとは、在宅介護の要介護状態の利用者が、福祉サービスなどを利用している間、介護をしている家族などが一時的に介護から解放され、休息をとれるようにする支援のことである。

家族への支援

レスパイトサービス事業

レスパイトサービス事業は、障害者総合支援法に基づき、在宅の障がい者及び障がい児の介護者の地域生活を支援するため、介護者の疾病、冠婚葬祭等により、介護が困難となった場合、介護者に代わって、一時的に障がい者を保護するもの。サービス費の支給対象者は、当該市町村に住所を有する在宅の障がい者及び障がい児

レスパイトケア

レスパイト(respite)とは、「休息」「息抜き」「小休止」という意味。

レスパイトケアとは、在宅で介護を行っている家族が、一時的に介護から離れて休息を取れるようにするためのサービスのことをいう。
訪問介護やデイサービス、ショートステイなどのサービスを利用して、一時的に被介護者と離れる方法です。その間に介護者は休息をとったり、旅行や外出などでリフレッシュすることができる。
インフォーマルサービスとして、普段は介護していない親族や、友人、近隣などが支援することも含む。

レスパイトケアに該当する介護サービス
・短期入所生活介護(ショートステイ)
・短期入所療養介護(ショートステイ)
・通所介護(デイサービス)
・通所リハビリテーション(デイケア)
・認知症対応型通所介護

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です