人間関係とコミュニケーション

問題 3 利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 聞き手に徹する。

2 声の高低や抑揚を一定に保つ。

3 身振りや手振りは最小限にする。

4 介護福祉職の主観を基準にする。

5 利用者の生活史を尊重する。

正答:5

問題 4  Cさん(87 歳,女性)は,介護老人保健施設に入所している。最近,Cさんがレクリエーション活動を休むことが多くなったので,担当のD介護福祉職はCさんに話を聞いた。Cさんは,「参加したい気持ちはあるので,次回は参加します」と言いながらも,浮かない表情をしていた。D介護福祉職は,「自分の気持ちを我慢しなくてもいいですよ」とCさんに言った。この時のD介護福祉職の言葉かけに該当するバイステック(Biestek, F.)の7原則の内容として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 秘密保持

2 自己決定

3 非審判的態度

4 意図的な感情表出

5 個別化

正答:4

過去3年間の試験問題(PDF)

第31回 試験問題

第30回 試験問題

第29回 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~人間関係とコミュニケーション~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

PAGE TOP