介護福祉士試験直前過去問対策~生活支援技術~第31回(平成30年度)


生活支援技術

問題 35  Bさん(87 歳,女性)は夫(90 歳)と二人暮らしである。Bさんには持病があり,夫は脳伷塞(cerebral infarction)の後遺症による軽い右片麻痺で,訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。Bさんと夫は苦労して手に入れた自宅に愛着を感じており,以前から,「死ぬならこの家で」と話していた。ある日Bさんは,「この家で死にたいと思っていたけど,いつまで二人で暮らせるか…」と打ち明けた。話を聞いた訪問介護員(ホームヘルパー)がBさんにかける言葉として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 「ご夫婦二人で入居できる施設を探しましょう」

2 「便利な道具がいろいろありますから使ってみましょう」

3 「どなたかご家族と同居できるといいですね」

4 「いざとなれば病院に入院しましょう」

5 「何か心配なことがおありなんですね」

正答:5

問題 36 介護老人福祉施設における居室の環境整備で留意すべき点として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 利用者が使い慣れた家具を置く。

2 居室のドアは開けたままにしておく。

3 時計は天井に近い壁に掛ける。

4 居室の温度は,介護福祉職の感覚に基づいて調整する。

5 多床室は,入口から室内が見通せるように家具を配置する。

正答:1

問題 37 利用者の自宅の清掃を行うときの注意点として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 玄関は乾燥した茶殻をまいて掃く。

2 窓ガラスは最初に乾いた雑巾で拭く。

3 畳は畳の目に沿って拭く。

4 浴室にカビ取り剤を散布するときは窓を閉める。

5 はたきを使った掃除は低い所から始める。

正答:3

問題 38 ユニットケアを行う入居施設の「プライベート空間」に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 集団レクリエーションを行う空間である。

2 地域の人も利用できる喫茶コーナーを設ける空間である。

3 複数の利用者が集うことができる空間である。

4 利用者の居室を示す空間である。

5 面会者用の空間である。

正答:4

問題 39  Cさん(75 歳,男性)は,頸椎症(cervical spondylosis)と診断された。手がしびれ,指先に力が入らない。しびれが強い左手に加えて,最近では,右手の症状が進行して,食後の歯磨きがうまくできなくなった。Cさんが口腔の清潔を保つための介護福祉職の助言として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

1 歯間ブラシの使用を勧める。

2 歯ブラシをやめて,洗口液のうがいをするように勧める。

3 柄を太くした歯ブラシの使用を勧める。

4 口をすすぐときは,上を向くように勧める。

5 歯ブラシを歯肉に当てるように勧める。

正答:3

問題 40 保温効果を高めるための着衣に関する次の助言のうち,最も適切なものを1 つ選びなさい。

1 衣類の間に薄手の衣類を重ねて着るように勧める。

2 一番上に通気性の高い衣類を着るように勧める。

3 一回り小さいサイズの衣類を着るように勧める。

4 肌に接する衣類は,防水性の高いものを着るように勧める。

5 袖幅の大きい衣類を着るように勧める。

正答:1

問題 41 ベッドの端に座っている左片麻痺の利用者の,立ち上がりまでの基本的な介護として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 利用者の右側に立つ。

2 立ち上がる前に,深く座りなおすように促す。

3 利用者の右膝を支える。

4 利用者を真上に持ち上げる。

5 立ち上がった時に,利用者の右膝の裏が伸びていることを確認する。

正答:5

問題 42 屋外での車いすの介助方法として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 段差を上がるときは,キャスターを斜めに向ける。

2 段差を下がるときは,後ろ向きで後輪から下りる。

3 急な上り坂では,両腕の力で素早く進む。

4 急な下り坂では,前向きで進む。

5 砂利道では,後輪を持ち上げて進む

正答:2

問題 43 図はU駅のホームの見取図である。介護福祉職が視覚障害者と列車を待つときの位置として,適切なものを 1 つ選びなさい。

(注) Aは白線である。Cは点状ブロックである。

1 A

2 B

3 C

4 D

5 E

正答:5

問題 44 食中毒(foodborne disease)の予防に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 生食用海産魚介類は,塩水で洗う。

2 カレーやシチューは,常温で保存する。

3 生の肉を切った包丁とまな板は,すぐに洗って熱湯をかけておく。

4 豚肉は,中心部が 50℃になるように 1 分間加熱する。

5 解凍した冷凍食品の残りは,再度冷凍して保管する。

正答:3

問題 45 嚥下障害がある利用者に提供する飲食物として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 レモンジュース

2 だんご

3 プリン

4 牛乳

5 紅茶

正答:3

問題 46 施設における介護福祉職と他職種との連携として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 食事時に咳せきこ込む利用者の嚥下機能の評価を,作業療法士に相談する。

2 寝たきりの利用者の仙骨部に発赤を見つけたときは,看護師に相談する。

3 体重減少が続いている利用者に気づいたときは,社会福祉士に相談する

。4 車いすでの食事時に姿勢が崩れてしまう利用者に気づいたときは,言語聴覚士に相談する。

5 嚥下困難のある利用者に提供する食事内容を,歯科衛生士に相談する。

正答:2

問題 47 糖尿病(diabetes mellitus)のある利用者の入浴時に,特に注意して観察すべき皮膚の部位として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 A

2 B

3 C

4 D

5 E

正答:5

問題 48 おむつで排泄を行っている利用者の陰部の清拭に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 排便がなければ,殿部の清拭は省略できる。

2 女性では,会陰から肛門に向かって拭く。

3 本人の希望がなければ,実施しなくてよい。

4 男性の清拭の回数は,女性よりも少なくてよい。

5 週 2 回入浴を実施していれば,毎日行わなくてよい。

正答:2

問題 49 排便のメカニズムに基づく排泄の介護として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 トイレまでの歩行は,胃・結腸反射を誘発するために有効である。

2 食後の臥床は,腸内の蠕動運動の亢進に有効である。

3 トイレ誘導は,便意を催してから 30 分後が有効である。

4 腹部マッサージは,下行結腸,横行結腸,上行結腸の順に行うことが有効である。

5 便座に座って足底を床につけた前傾姿勢は,腹圧を高めるために有効である。

正答:5

問題 50 直腸性便秘のある高齢者の介護として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 排便時は隣に立って見守る。

2 市販の下剤を毎日勧める。

3 日中の活動を控えるように勧める。

4 朝食後,トイレに誘導する。

5 食物繊維は控えるように勧める。

正答:4

問題 51 消化管ストーマを造設している人の生活支援に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 排はいせつぶつ泄物がパウチの 3 分の 1 から 2 分の 1 程度たまったら処理するように助言する。

2 ベルトでウエストを締める服を選ぶように助言する。

3 ラジオ体操は控えるように助言する。

4 回腸ストーマのある人は水分摂取は控えるように助言する。

5 れんこんやごぼうを多くとるように助言する。

正答:1

問題 52 季節や行事と,食事の組合せとして,最もふさわしいものを 1 つ選びなさい。

1 節分 ----- お節料理

2 桃の節句(ひな祭り) ----- 柏かしわもち餅

3 七夕  ----- 七ななくさがゆ草粥

4 土用の丑うしの日 ----- うなぎのかば焼き

5 冬至 ----- ちまき

正答:4

問題 53 疾病のために食事制限がある利用者の食生活に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 人工透析をしている利用者には,生野菜を勧める。

2 高血圧の利用者には, 1 日の塩分摂取量を 10 g 以下にする。

3 骨粗鬆症(osteoporosis)の利用者には,豆類を勧める。

4 糖尿病(diabetes mellitus)の利用者には,朝食に 1 日のエネルギー量の半分を配分する。

5 肝疾患(liver disease)の利用者には,低カロリー,低たんぱくの食事を勧める。

正答:3

問題 54 エンゲル係数について相談を受けた介護福祉職の対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 住居費について一緒に考える。

2 食料費の内容について一緒に考える。

3 光熱水道費の内容について一緒に考える。

4 交際費の内容について一緒に考える。

5 教養娯楽費の内容について一緒に考える。

正答:2

問題 55 洗濯に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 ほころびや破れがあるものは,修理してから洗濯する。

2 色が移るのを防ぐために,素材の違うものは分けて洗濯する。

3 嘔おうとぶつ吐物で汚れたカシミヤのセーターは,塩素系漂白剤につけてから洗濯する。

4 ファスナーは開けた状態で洗濯する。

5 マジックテープは,はずした状態で洗濯する。

正答:1

問題 56 昼夜逆転している利用者への介護に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 食べたい時に,食事をするように促す。

2  1 時間以上,昼寝をするように促す。

3 夕方に,散歩をするように促す。

4 寝る直前に熱いお風呂に入るように促す。

5 眠くなるまで,テレビを見て過ごすように促す。

正答:3

問題 57 パーキンソン病(Parkinson disease)(ホーエン・ヤール重症度分類ステージ3)の高齢者の寝室環境に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 ベッドは介護者に合わせた高さにする。

2 ベッドに手すりをつける。

3 マットレスは体が沈みこむものを選ぶ。

4 ベッドサイドの床にクッション性のあるマットを敷く。

5 枕は頸部前屈になるような高さにする。

正答:2

問題 58  Dさん(75 歳,女性)は,以前は散歩が好きで,毎日, 1 時間ぐらい近所を歩いていた。最近,心不全(heart failure)が進行して歩行がゆっくりとなり,散歩も出かけず,窓のそばに座って過ごすことが多くなった。食事は,すぐおなかがいっぱいになるからと, 6 回に分けて食べている。夜,「横になると呼吸が苦しい時があり,眠れていない」という言葉が聞かれるようになった。Dさんへの安眠の支援に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 寝る前に,肩までつかって入浴する。

2 寝る 30 分前に,少量の食事を摂取する。

3 以前のように,毎日 1 時間の散歩を再開する。

4 就寝時は,セミファーラー位にする。

5 朝,目覚めた時にカーテンを開ける。

正答:4

問題 59 終末期にある利用者を施設で看み と取る家族への支援として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 毎日面会に来るように促す。

2 家族が利用者のためにできることを提案する。

3 積極的な情報提供は控える。

4 感情を表出しないように助言する。

5 パブリックスペースを用意する。

正答:2

問題 60 施設において,介護福祉職の行う死後の処置として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 義歯ははずす。

2 衣服は施設が指定したものを用いる。

3 着物の場合は右前に合わせる。

4 着物の場合は帯おびひも紐を縦結びにする。

5 死後の処置は,死後 3 時間経過してから行う。

正答:4

第31回 試験問題

第30回 試験問題

終わりに

介護福祉士試験直前過去問対策~生活支援技術~第31回(平成30年度)

解答速報はどこが良い?-第31回介護福祉士筆記試験 2019年1月27日(日)

“介護福祉士試験直前過去問対策~生活支援技術~第31回(平成30年度)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です