平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問28

嚥下や口腔ケアについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 片麻痺による運動障害や感覚障害がある場合には、麻痺側の口腔内が汚れやすくなる。
2 成人の唾液の1日の分泌量は、100~200mLといわれている。
3 嚥下機能が低下している場合には、感覚が鈍くなるので、氷などの冷たいものを口に入れることは避ける。
4 口腔ケアは、口腔内細菌を減少させるので、誤嚥性肺炎の予防に有効である。
5 義歯が本人に合っている場合には、義歯を外さないで口腔ケアを行う。

解答

正解は…1・4
1 〇 片麻痺による運動障害や感覚障害がある場合には、
麻痺側の口腔内に食物残渣が残りやすく口腔内が汚れやすいため、
十分に口腔ケアを行う必要がある。
2 ✖ 成人の1日の唾液分泌量は、1~1.5Lといわれている。
3 ✖ 氷やアイスクリームなどの冷たい食品は、飲み込みを刺激するため、
摂食の始めに用いると効果的である。
4 〇
5 ✖ 取り外せる義歯は1日1回は必ず外し、
歯ブラシなどで磨き、流水下でよく洗う必要がある。

参考

単語

嚥下
口腔ケア
片麻痺
運動障害
感覚障害
唾液
嚥下機能
口腔内細菌
誤嚥性肺炎
義歯

問29へ

PAGE TOP
error: Content is protected !!