ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-29


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問29

薬剤について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 服薬が困難な場合には、貼付剤など他の剤型の薬剤の使用も考慮する。
2 腎機能が低下している場合には、血中濃度が下がるため、
抗菌薬を使用するときは、適宜増量する。
3 BPSD(認知症の行動・心理症状)がある場合には、漢方薬は使用しない。
4 飲み忘れを防止するためには、「お薬カレンダー」などを利用する。
5 降圧剤を内服中の高齢者は、薬の作用により転倒しやすい。

解答

正解は…1・4・5
1 〇 現在では、貼付剤など様々な剤型の薬剤が開発されており、
本人の状態に合わせて選択することが可能となっている。
2 ✖ 腎機能が低下している場合には体内の薬物濃度が増加しやすく、
薬の作用が増強しやすいため注意が必要である。
3 ✖ 近年、BPSDへの対応として漢方薬が用いられるようになっており、
漢方薬の服用により、興奮が抑制されたり攻撃性が改善するなどの効果が認められている。
4 〇
5 〇 降圧剤の副作用として、めまいや立ちくらみをきたすことがあり、
高齢者では転倒に至ることもある。

参考

単語

薬剤
服薬
腎機能低下
血中濃度
抗菌薬
BPSD(認知症の行動・心理症状)
漢方薬
お薬カレンダー
降圧剤
薬の作用

問30へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-29” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です