介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ過去問 保健医療分野

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-31

投稿日:2017年6月4日 更新日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問31

胃ろうについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 経口摂取に移行しようとする場合には、多職種による経口移行計画を作成して行う。
2 半固形栄養剤の使用により、胃食道逆流や下痢を防止できる可能性がある。
3 カテーテルが抜けた場合でも、ろう孔から胃の内容物が漏れなければ、
医師に報告する必要はない。
4 チューブ型カテーテルを固定する際には、
体表から1~2cm程度の「あそび」を持たせるように外部ストッパーを調整する。
5 胃ろうを造設している場合は、原則として、入浴は禁止されている。

解答

正解は…1・2・4
1 〇 経口摂取に移行する場合には、
医師や言語聴覚士等の専門職による評価も行う必要があり、
多職種による関わりが重要となる。
2 〇 半固形栄養剤のうち、特に粘度が高いものについては、
胃食道逆流や下痢を防止できる可能性があるとされている。
3 ✖ カテーテルが抜けた場合には、直ちに医師に報告する必要がある。
4 〇
5 ✖ 胃ろうを造設している場合であっても、入浴は可能である。

参考

胃ろうとは?

内視鏡を使って胃に空けた小さな穴のことを「胃ろう(PEG)」と呼ぶ。

嚥下障害や認知症などが原因で口から食べ物を食べられない人、
あるいは嚥下性肺炎を起こしやすい人が、
直接胃に空けた穴から水分や栄養を摂り、
全身状態を安定させるための「経管栄養法」のひとつ。

胃ろうの種類
・バルーン・ボタン型
・バルーン・チューブ型
・バンパー・ボタン型
・バンパー・チューブ型

問32へ

-ケアマネ過去問 保健医療分野

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題保健医療サービス分野~問題30

目次1 oyakodako2 最新記事 by oyakodako (全て見る) The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 o …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題39」

目次1 oyakodako2 最新記事 by oyakodako (全て見る) The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 o …

ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第37問「在宅酸素療法」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 ケアマネ試験2017年度 医療分野1.1 第37問1.2 在宅酸素療法1.3 終わりに The …

ケアマネ試験保健医療サービス分野 12 ターミナルケア 動画で問題解説

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 ターミナルケア2 ターミナルケア The following two tabs change …

ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第27問「高齢者に多い疾病」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 ケアマネ試験2017年度 医療分野1.1 第27問1.2 高齢者に多い疾病1.3 終わりに T …

管理人のおススメ

管理人のおススメ

ケアマネ試験-(第21回~第17回)
過去問全掲載

介護支援分野

保健医療サービス分野

福祉サービス分野

タイマー


カウントダウンタイマー

管理人おススメの参考書&過去問題集




このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,541人の購読者に加わりましょう

介護福祉士試験2019年度「これだけノート」

ケアマネ試験2019年度「これだけノート」

Twitter でフォロー



カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。