平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問33

排泄について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 日常生活動作の低下による機能性失禁では、排泄に関する一連の日常生活動作の問題点を見極めることが重要である。
2 便失禁は、すべて医学的治療を要する。
3 ポータブルトイレやおむつについては、理学療法士等の多職種と連携し、日常生活動作に適合したものを選択する。
4 切迫性尿失禁には、膀胱訓練よりも骨盤底筋訓練が有効である。
5 排便コントロールには、排便間隔を把握し、食生活や身体活動等を含めた生活リズムを整えることが大切である。

解答

正解は…1・3・5
1 〇 機能性尿失禁とは、排泄機能に問題はないが、
手足の障害や認知症などのためにトイレに間に合わないことにより
生じるものであり、記述の対応は適切である。
2 ✖ 便失禁がすべて医学的治療を必要とするわけではない。
3 〇 福祉用具やおむつは、使用する本人の状態にあったものを
選択する必要があり、専門職の意見を参考にするとよい。
4 ✖ 切迫性尿失禁には、骨盤底筋訓練よりも膀胱訓練が有効とされている。
骨盤底筋訓練は、腹圧性尿失禁に有効とされる。
5 〇

参考

尿失禁の種類

尿失禁には、大きく分けて
・腹圧性尿失禁
・切迫性尿失禁
・溢流性(いつりゅうせい)尿失禁
・機能性尿失禁  の4種類

腹圧性尿失禁とは?
次のような強い腹圧がかかるような動作をした時、尿が漏れてしまいます。
・咳をする、くしゃみをする、笑う
・走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする
・重い物を持ち上げる
・坂道や階段を昇り降りする

切迫性尿失禁とは?
突然強い尿意(尿意切迫感)に襲われて、
トイレに間に合わずに漏らしてしまう症状

溢流性(いつりゅうせい)尿失禁とは?
自分で尿を出そうとしても出にくいにもかかわらず、
膀胱にたまった尿が意に反し少量ずつ漏れてしまう

機能性尿失禁とは?
運動機能の低下により、手足が自由に動かない
判断力の低下により、排泄方法が分からない

問34へ

PAGE TOP