平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問34

終末期のケアについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 呼吸困難や疼痛に対しては、
投薬のほか、安楽な体位やマッサージなどで苦痛の緩和を図る。
2 食事については、楽しみや満足感よりも、摂取量や栄養バランスを優先する。
3 緩和ケアは、在宅では行われない。
4 要介護認定の前でも、保険者が必要があると認めた場合には、
暫定ケアプランを作成して介護サービスを利用することができる。
5 臨死期において、肩や顎だけが動き、喘いでいるように見えるのは、
呼吸停止に至る一連の動きである。

解答

正解は…1・4・5
1 〇
2 ✖ 食事においては、摂取量や栄養バランスも大切であるが、
終末期のケアにおいてはQOLの向上という点においても
食事の楽しみや満足感を大切にすることが重要である。
3 ✖ 緩和ケアは、在宅で行われる場合もある。
4 〇 要介護認定申請を行っていれば、
決定された認定は申請日に遡って有効となるため
暫定プランを作成した上でサービスを利用することは可能である。
5 〇 死が近づくと、口をあけ喘ぐような呼吸(下顎呼吸)が起こり、
浅くゆっくりとした呼吸と早く深い呼吸を繰り返し、
呼吸が浅くなった時点で呼吸停止を挟む呼吸
(チェーンストークス呼吸)となり、
最終的に呼吸停止に至る。

参考

終末期のケアとは?

ターミナルケアとは、死を目前にした人のQOLの向上を目指すケアのこと。
治療を目的とせず、「残された時間を充実したものにしよう」という考え方。

ターミナルとは終末期の事です。
余命わずかになってしまった人へ行うケアを、
ターミナルケア(終末期医療、終末期看護)と言います。

延命を行わず、身体的にも精神的にも苦痛を伴わないように看護や介護をし、
ご本人らしく人生の最期を生きる為に行われるものです。

問35へ

PAGE TOP