ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-35


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問35

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 せん妄は、さまざまな全身疾患に伴う非特異的な症状として出現する。
2 夜間にせん妄が増悪する場合には、
昼間に適度な刺激と散歩などの活動の機会をつくり、
夜間に睡眠できるよう配慮する。
3 せん妄は感覚の遮断で改善するので、静かな環境を整備し、
眼鏡や補聴器の装着を避ける。
4 アルコール依存症のケアでは、飲酒以外に楽しみのある生活ができるまでは、
安易に断酒会には参加させない。
5 うつ症状には、降圧剤などの薬剤に起因するものもある。

解答

正解は…1・2・5
1 〇
2 〇 夜間せん妄に対しては、
日中の活動量を確保し昼夜逆転を予防することが重要である。
3 ✖ せん妄の改善には原因疾患等の改善が必要であり、
眼鏡や補聴器の装着を避けることにより改善されるものではない。
4 ✖ アルコール依存症の治療においては、
まず断酒をすすめることが優先であり、
断酒会への参加は有効である。
5 〇

参考

単語

せん妄 : 意識障害が起こり、頭が混乱した状態になっている事
主な症状

・幻視や妄想
・興奮状態
・認知症のような症状
・睡眠リズムの障害
・意識の混濁

せん妄の種類
・夜間せん妄
昼間は症状がなく、夕方から夜にかけてせん妄が出現する
・術後せん妄
手術後しばらくしてから発生するせん妄
・薬剤性せん妄
処方薬などにより引き起こされるせん妄
・アルコール離脱せん妄
アルコール依存症の人などが起こすせん妄。手の震えなどが伴う

夜間せん妄
アルコール依存症
断酒会
うつ症状

問36へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-35” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。