ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-36


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問36

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 パーキンソン病では、安静時の振戦やあらゆる動作が乏しくなる無動、
仮面様顔貌などもみられる。
2 慢性硬膜下血腫は、血腫除去術の治療を行っても、
ほとんどもとの認知機能レベルには戻らない。
3 閉塞性動脈硬化症では、歩行時に下肢痛が出現し、
立ち止まって休んでも痛みが軽減せず持続する。
4 脊髄損傷では、痛みや温度感覚が失われることもあるため、
低温熱傷や擦過傷等に注意する。
5 帯状疱疹は、早期に治療を始めると、
帯状疱疹後神経痛などの後遺症が少なくなる。

解答

正解は…1・4・5
1 〇 パーキンソン病の特徴として、
安静時振戦、小刻み歩行、筋固縮、仮面様顔貌などがあげられる。
2 ✖ 慢性硬膜下血腫では、血腫除去術を行うと認知機能レベルはもとの状態に戻る。
3 ✖ 閉塞性動脈硬化症では、歩行時に下肢痛が出現し、
立ち止まって休むと痛みが軽減し、
また歩行できるようになる間欠性跛行が特徴である。
4 〇
5 〇 帯状疱疹は、治療が遅れることにより神経痛などの後遺症が残ることがある。

参考

単語

パーキンソン病
安静時の振戦
無動
仮面様顔貌
慢性硬膜下血腫
血腫除去術
閉塞性動脈硬化症
脊髄損傷
帯状疱疹

問37へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-36” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です