平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問37

難病について適切なものはどれか。 3つ選べ。

1 進行性核上麻痺では、早期から眼球運動障害や認知機能の低下が認められる。
2 脊髄小脳変性症では、運動能力を維持するリハビリテーションや
環境整備により、ADLを維持することが重要である。
3 潰瘍性大腸炎は、発症時に重症であっても、経過観察で完治する。
4 後縦靭帯骨化症では、首を強く後ろに反らすことにより症状が
悪化する場合があるので、そのような動作は避ける。
5 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、症状は進行性で、
数年で四肢麻痺、摂食障害、呼吸麻痺となり、
痛みなどの知覚や記憶力も失う。

解答

正解は…1・2・4
1 〇
2 〇 脊髄小脳変性症は運動失調を特徴とする疾患であり、
運動能力の維持や環境整備がADLの維持に有効である。
3 ✖ 潰瘍性大腸炎は、発症時に重症である場合には、
入院の上で貧血や栄養障害などに対する治療・管理が必要となる。
経過観察で完治するものではない。
4 〇
5 ✖ 筋萎縮性側索硬化症は、徐々に全身の筋力が萎縮し、
数年で摂食障害や呼吸障害まで進行する疾患であるが、
眼球運動や肛門括約筋、知覚や記憶力は保たれる。

参考

単語

難病
進行性核上麻痺
眼球運動障害
脊髄小脳変性症
潰瘍性大腸炎
後縦靭帯骨化症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
四肢麻痺
摂食障害
呼吸麻痺

難病とは?

治療が困難で、慢性的経過をたどり、本人・家族の経済的・身体的・精神的負担が大きい疾患

特定疾患とは?

「難病」の中で、症例数が少なく、原因不明で治療方法もわからず、
さらに生活していく上で長い間に渡って支障がある疾患を
「難治性疾患克服研究事業」として研究対象にしています。
その対象の130疾患を「特定疾患」と言う。

問38へ

PAGE TOP
error: Content is protected !!