ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-40

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)

問40

短期入所療養介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 療養病床を有する診療所では、提供できない。
2 入所が4日以上になる場合は、居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
3 利用者には、検査、投薬、注射、処置等の診療を行ってはならない。
4 居宅サービス計画にない場合でも、緊急時の利用は可能である。
5 あらかじめ、短期入所用のベッドを確保しておかなければならない。

解答

正解は…2・4
1 ✖ 療養病床を有する診療所でも、短期入所療養介護の提供は可能である。
2 〇
3 ✖ 短期入所療養介護事業者は、
検査、投薬、注射、処置等を利用者の病状に照らして
妥当適切に行うこととされている。
4 〇 居宅サービス計画にない場合であっても、
緊急時の利用が可能である。
また、この場合には緊急短期入所受入加算が算定できる。
5 ✖ 短期入所療養介護は、基本的には老人保健施設や
医療機関の空床を利用して行われるサービスである。

参考

短期入所療養介護とは?

介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに短期間入所し、
看護、医学的管理の下における介護、機能訓練その他の必要な
医療や日常生活の世話などのサービスが提供される。

心身の状況や病状、家族の病気、冠婚葬祭、出張などのため、
または家族の精神的・身体的な負担の軽減などを図るために、
一時的に在宅での日常生活に支障がある場合にも利用できる。

介護予防短期入所療養介護

介護予防短期入所療養介護は生活機能を維持向上させる観点から、
軽度者に適した内容・期間・方法でサービスが提供される。

利用できる期間は?

・要介護認定期間の半数まで(有効期間が180日の場合は90日まで)
・連続して利用できるのは30日まで(31日目以降は全額自己負担)

問41へ

Follow me!

2 Replies to “ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-40”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です