平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(総合)

問43

認知症について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 パーソン・センタード・ケア(PCC)は、介護者の効率を優先し、
薬物療法等の医療を中心とした認知症のケアである。
2 初期では基本的ADLは保たれるが、中期には基本的ADLに
支援が必要になるなど、認知症の進行過程により
症状やケアの方法が異なる。
3 BPSD(認知症の行動・心理症状)は、
脳の病変により症状が生じるため、
個人因子や環境因子の影響は受けない。
4 アルツハイマー型認知症の初期症状としては、
近時記憶の障害が著しい。
5 認知症初期集中支援チームは、認知症が疑われる者や
その家族を複数の専門職が訪問し、アセスメント、
家族支援などの初期の支援を包括的、集中的に行う。

解答

正解は…2・4・5
1 ✖ パーソンセンタードケアは、利用者を中心においた認知症ケアである。
2 〇
3 ✖ BPSDには、孤立や不安、不適切なコミュニケーション、
身体的不調、住環境、生活リズムの乱れなどが影響するとされており、
個人因子や環境因子も影響する。
4 〇 アルツハイマー型認知症の初期症状としては、
近時記憶の障害があげられ、緩徐に進行するのが特徴である。
5 〇 認知症初期集中支援チームは、地域包括支援センター等に設置される。

参考

単語

認知症
パーソン・センタード・ケア(PCC)
薬物療法
ADL
BPSD(認知症の行動・心理症状)
アルツハイマー型認知症
認知症初期集中支援チーム

問44へ

PAGE TOP
error: Content is protected !!