平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(総合)

問45

居宅療養管理指導について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 主治医は、サービス担当者会議への参加が難しい場合は、
原則として、文書等により介護支援専門員に必要な情報提供を行う。
2 サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は
歯科医師が利用者宅に訪問するときに、開催することが可能である。
3 薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。
4 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額の対象にならない。
5 定期的に通院や訪問診療を受けている場合でも、
訪問看護師が療養上の相談及び支援を行った場合には、
居宅療養管理指導費を算定することができる。

解答

正解は…1・2・4
1 〇 サービス担当者会議への参加が困難な場合には、
居宅介護支援事業者又は居宅サービス事業者に対して、
原則として情報提供書又は助言の内容を記載した文書を
交付しなければならないとされている。
2 〇
3 ✖ 薬局の薬剤師のみでなく、病院の薬剤師も実施することができる。
4 〇 居宅療養管理指導は、区分に含まれないサービスである。
5 ✖ 看護師が行う居宅療養管理指導は、
定期的に通院や訪問診療を受けている利用者に対して
実施することはできない。

参考

単語

居宅療養管理指導
主治医
サービス担当者会議
薬剤師
訪問看護師

問46へ

PAGE TOP
error: Content is protected !!