ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第19回過去問-42


保健医療サービス分野 一問一答

平成28年度(第19回)問42

終末期のケアについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 体位変換の頻度の減少や栄養状態の悪化により、褥瘡ができやすくなる。
2 本人の意思を確認できない状況下では、家族の意見が分かれることがあるため、
  医療・介護専門職が方針を話し合い、その結果に基づき家族を説得する。
3 終末期には、息苦しさが楽になるよう、ベッドの角度調整など姿勢の工夫をする。
4 終末期には、身体への負担が大きいため、
  本人が望んでも入浴は避けなければならない。
5 家族の予期悲嘆を表現できるよう支援することは、
  家族に対して看取りへの心の準備を促すことにつながる。

正解は…1、3、5

参考

終末期のケアとは?

終末期ケアは、ターミナルケアと呼ばれることがあります。
がんなどの病気で余命わずかになってしまった人へ行うケアのことです。

延命を行わず、身体的にも精神的にも苦痛を伴わないように看護や介護をし、
本人らしく人生の最期を生きる為に行われるものです。

一般的には寝たきりになり介助をしても食べられなくなった時から、
ターミナルとされることが多いです。

単語

終末期のケア
褥瘡
予期悲嘆
看取り
延命
ターミナルケア

考察

終末期ケアについては、最近「看取り」という問題が出ています。終末期ケアでは、治療ではなく精神的なケアが中心になりますので、どのようにケアマネが関わっていかなければならないのか?をよく考えながら理解するようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です