ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第19回過去問-43


保健医療サービス分野 一問一答

平成28年度(第19回)問43

認知症について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 レビー小体型認知症では、起立性低血圧や失神による転倒、
  便秘などの症状はまれである。
2 認知症ケアパスとは、医療機関の連携を示すもので、介護体制は含まない。
3 若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。
4 認知症のSOSネットワークは、警察だけでなく、
  介護事業者や地域の生活関連団体等が捜索に協力して、
  行方不明者を発見する仕組みである。
5 正常圧水頭症にみられる認知機能障害は、
  脳の周囲や脳室内に脳脊髄液が貯留するために生じる。

正解は…3、4、5

参考

認知症とは?

後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態。
認知症は病名ではなく、「症候群」なのです。
医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や
「人格変化」などを伴った症候群として定義されている。

認知症の記憶障害は、脳の神経細胞の急激な破壊による起こり、
物忘れは物事全体がすっぽりと抜け落ち、ヒントを与えても思い出すことができません。

本人に自覚はないが、進行性であり、日常生活に支障をきたします。

主な認知症の種類

 ・アルツハイマー型認知症
 ・脳血管型認知症・
 ・レビー小体型認知症
 ・前頭側頭型認知症

治療可能な認知症

 ・慢性硬膜下血腫
 ・正常圧水頭症
 ・甲状腺機能低下症

単語

認知症
レビー小体型認知症
起立性低血圧
失神
転倒
便秘
認知症ケアパス
若年性認知症者
自立支援医療
認知症のSOSネットワーク
正常圧水頭症
脳脊髄液

考察

ケアマネ試験では、認知症に関する問題は数問出題されることがある位に頻出問題です。認知症の種類ごとの症状や特徴などもしっかりとまとめておかなければなりません。また、最後に書きましたが、治療をすれば治る認知症があることも覚えておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です