介護職5年の実務経験でケアマネ受験して合格までの道のり アーカイブ-3


いよいよ実務経験3年目介護福祉士の受験勉強の年に入りました。介護老人保健施設で仕事をしながら毎日のように勉強をして、介護福祉士の合格することができた年です。

どんな勉強風景だったのか、ちょっとだけお話します。

スポンサーリンク



2005年4月~2006年3月

社会福祉士の試験が終わったら、早速介護福祉士の受験勉強を始めました。これは私の性格なので仕方のないことなのですが、社会福祉士の勉強をしたノートがあるにもかかわらず、介護福祉士の勉強ノートを新たに作ったのです。

テキストと過去問を購入して、まずは、インプット学習でした。テキストを科目ごとにルーズリーフでまとめていったのです。毎週日曜日の朝から晩まで。カミさんには今思うと申し訳なかったな~と思いますが、外出をしたりすることもなく、家にこもって勉強ばかりしていました。

自信がないんですよね。完璧にやらないと。そんな風だからとても勉強は大変でした。大変とは言いながらも、前年に社会福祉士の勉強をしていたので、法律とか言葉とかは、簡単に理解することが出来ました。

そして、過去問や予想問題などでアウトプット学習です。何度も問題を解いて、何故〇なのか?何故×なのか?をしっかりと理解することに専念しました。そうすれば、ひねった問題が出されても対処できるからです。

1月末に社会福祉士の試験が終わってすぐの時から、介護福祉士の試験日である1月末まで、おおよそ1年間の勉強漬けでした。1月の試験は、東京ビッグサイトでした。ここの会場は広いこともあり、寒かった印象と、受験生の多さを覚えています。

そして、3月の合格発表の時は、事前に自己採点をしていて合格点は取れていたので、マークシートのミスがなければ合格しているという確信があったので、合格発表は楽しみでした。

そう、今思い出したのですが、実技試験免除です。これも8万円位だったかな、お金をだして介護福祉士の学校が実施する実技免除講座を受講したのです。私はあがり症で、実技試験の本番でとんでもないことをするのではないかという心配もあり、そして1年間筆記試験の勉強をしてきたのに、実技試験で落っこちたりしたらもったいない。そんな感じでした。

終わりに

2年目に社会福祉士の勉強をしていたので、語句とか法律に関しては、そんなに悩むことはありませんでした。介護保険法を念入りに、そして介護技術の知識を勉強したり、実際の仕事現場での状況とリンクさせながらの試験勉強でしたので苦になりませんでした。

次は、いよいよケアマネの受験です。

スポンサーリンク



“介護職5年の実務経験でケアマネ受験して合格までの道のり アーカイブ-3” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です