専門家が教えます!今こそ介護福祉士試験問題を理解しよう!


専門家が教えます!今こそ介護福祉士試験問題を理解しよう!

私、介護福祉士試験問題にいつも悩まされているんです。
介護福祉士試験問題で困っていませんか?
介護福祉士試験問題について、私は難しいとは思っていません。
あなたは、間違った介護福祉士試験の勉強をしていませんか?

専門家が教えます!今こそ介護福祉士試験問題を理解しよう!

たとえば、介護福祉士試験問題の科目を知っていますか?
介護福祉士試験問題では何問出題されて、合格するには何点取れば良いか?
知っていますか。

介護福祉士試験問題

でも、ここから介護福祉士の試験問題科目を示しますね。

領域:人間と社会

 人間の尊厳と自立(2問)
 人間関係とコミュニケーション(2問)
 社会の理解(12問)

領域:介護

 介護の基本(10問)
 コミュニケーション技術(8問)
 生活支援技術(26問)
 介護過程(8問)

領域:こころとからだのしくみ

 発達と老化の理解(8問)
 認知症の理解(10問)
 障害の理解(10問)
 こころとからだのしくみ(12問)

領域:医療的ケア

 医療的ケア(5問)

総合問題

 総合問題(12問)

でも、それぞれの科目で「0点」を取らないことで解決するんです。
科目群というのがあって、それらをうまく使うと、ある科目で「0点」でも大丈夫。

介護福祉士試験問題の11科目群

[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題

終わりに

専門家が教えます!今こそ介護福祉士試験問題を理解しよう!

というわけで、介護福祉士試験問題は、科目群があることを知りましょう。
なので1科目群と2科目群はどちらかが「0点」でも合格ができるということです。
ということは、科目群で捨て科目を作ることもできます。
特に、「人間の尊厳と自立」は捨て問題とすることをおススメします。
過去問対策をしてもなかなか取れない科目です。
毎年の受験生の声は、1問目をみて頭が真っ白になったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です