介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

用語集「abc」


ケアマネ試験 過去問より厳選!用語集「アルファベット」

A

ADL(日常生活動作)

食事・排泄・更衣・整容・入浴・起居移動の6動作の事。

ASO(閉塞性動脈硬化症)

動脈硬化により血管が狭くなったり詰まったりしたために末梢まで血液が送られなくなった状態。特定疾病
症状…間欠性破行(歩行時の足の痛み)進行すると壊死
対応…血管拡張剤、抗血小板剤の使用
   カテーテルを用いた血管拡張術、人工血管によるバイパス手術も

ALS(筋委縮性側索硬化症)

特定疾病。徐々に全身の筋肉が委縮し、運動ができなくなるだけでなく、数年で摂食障害や呼吸障害まで進行。
眼球運動、肛門括約筋、知能は末期まで保たれる

AED

AEDとは自動体外式除細動器のこと

ALT(GPT) 肝機能

加齢に伴い変化しない。
上昇、増加…肝機能障害、心不全、筋疾患
検査の目的…肝機能の確認

AST(GOT) 肝機能

加齢に伴い変化しない。
上昇、増加…肝機能障害、心筋梗塞
検査の目的…肝機能の確認

ALT(GPT)

31 IU/L以上は肝細胞が障害を受けています。何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出します。その数値が高いということは、それだけ肝臓が障害を受けているという状態を反映しています。

AST(GOT)

31 IU/L以上は肝細胞が障害を受けている疑いがあります。何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、血液中に漏れ出します。ただし、AST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、値の増減が必ずしも肝臓に関係しているとは限らず、AST(GOT)値のみが高値を示す場合は、肝臓以外の病気である可能性もあります。
肝臓に関する情報を得るには、ALT(GPT)も一緒にチェックする必要があります。

A型肝炎

A型肝炎ウイルス(HAV)が原因のウイルス性肝炎の一種である。多くは一過性の急性肝炎症状で終わり、治癒後は強い免疫を獲得する。

魚介類を摂取で感染 高齢者は少なく急性肝炎として発症 
食欲不振、全身倦怠感、黄疸

B

BPSD(行動・心理症状)

脳の直接ダメージだけでなく生い立ち等の個人因子や介護の状況等の環境因子の影響を強く受ける症状である。周辺症状、随伴症状とも呼ばれる。

B型肝炎

血液、体液を介して感染 高齢者も発症するが慢性化は少ない
針刺し事故に注意

BMI

ボディマス指数(BMI)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数である。25以上であれば肥満、18.5未満は低体重と判定される。

C

CRP(C反応性たんぱく質)

CRPの測定は、炎症の早期診断、病気の重症度、治療成績の判定に有用です。CRP血液検査は、炎症の発症時に体内に増加する「C反応性たんぱく」の血中量を測定することで炎症の度合いを測定する検査です。15.0異常では、重体な疾患の発症の可能性が検討される。

C型肝炎

血液感染、ウイルス保菌者の血液を輸血
慢性化し肝硬変、肝がんへ移行する

CAPD(在宅自己腹膜潅流法)

腎臓での尿の生成が不十分な場合、腎臓の代わりを人工的に行う方法を人工透析と呼ぶ
血液透析:HD…血液を体外に導いて透析装置を通して不要な物質を除去 通院が必要
腹膜透析:PD…在宅自己腹膜潅流法(CAPD)腹膜腔内に透析液を注入 自宅で可能

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

肺気腫と慢性気管支炎の総称で、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。

CTスキャン

CTスキャンは、X線検査の立体版で、レントゲン照射したあとにコンピュータで画像を作り出す。

D

E

EBM

evidence-based medicineの略。根拠に基づく医療とは、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を用いる」医療のあり方をさす

F

G

H

HOT(在宅酸素療法)

慢性閉そく性肺疾患(COPD)酸素の取入れが不十分な場合使用
目的…酸素吸入によりQOL向上
方法…在宅時は酸素濃縮器、外出時は酸素ボンベを使用
注意…火器注意。吸入器具は最低週一回交換、洗浄と乾燥をこまめに。ルートの詰まりや穴なども確認

HDLコレステロール

血液中のコレステロールが増えるのを防いでいるわけで、「善玉コレステロール」と呼ばれています。体内の余分なコレステロールを回収し、肝臓に送って動脈硬化を防ぐ。

60~70歳代までは上昇、その後下降。
低下、減少…脂質異常症、虚血性心疾患の危険因子
検査の目的…動脈硬化の危険因子として

HbA1C(ヘモグロビン・エーワンシー)

糖化ヘモグロビンとも呼ばれる。赤血球中のヘモグロビンのうちどれくらいの割合が糖と結合しているかを示す検査値。過去日から過去1-2ヶ月の血糖値の平均を反映して上下するため、血糖コントロール状態のめやすとなる検査です。

I

IADL(手段的日常生活動作)

日常生活上の様々な活動の事。(家事や買い物金銭管理、趣味活動等)

ADLよりも複雑で高次な行動や行為。(炊事・洗濯・掃除・買い物・金銭管理・趣味活動など)

ICF(国際生活機能分類)

高齢者ケアの基本原則である一人ひとりの高齢者を全人的、包括的にとらえるための手段として,WHOが従来の「国際障害分類(ICIDH)」の改訂版として2001年に発表した生活機能の分類法。心身機能・身体構造、活動、参加の3つの面から個々の高齢者をとらえる。

ICIDH (機能障害の国際分類)

1980年、WHOにより提唱された機能障害の分類。健康状態(疾病や障害)を体系的にまとめている。

J

K

L

LDLコレステロールと中性脂肪(血清脂質)

加齢に伴い上昇傾向。
上昇、増加…0.3以上で感染症、炎症反応が疑われる
検査の目的…感染、炎症反応、悪性腫瘍の有無の確認

LDL(悪玉)コレステロールは動脈硬化を引き起こす強力な危険因子です。LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)

LDLコレステロール

悪玉コレステロールと呼ばれており、動脈硬化の原因になる。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまう。

M

MRI

強い磁石とラジオに使われているような電波を用いて体内の状態を画像にする検査。体内の様々な病気を発見することができますが、特に脳や脊椎、四肢などの病気に高い検査能力を持っています。

MRSA;メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

メチシリンという抗生物質に耐性をもった黄色ブドウ球菌の感染。血液内、尿路への留置カテーテルの挿入、気管内挿管の挿入、褥瘡、手術後の患者に発生する。
パンコマイシン、ホスホマイシン、ゲンタマイシン、ムピロシン軟膏などの抗生物質の併用療法

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の略称。ペニシリンやセフェム系の多くの抗生物質にも抵抗性があり、有効な薬剤が少なく感染すると治りにくい。抗生物質を多用する病院において、患者や医療従事者、医療器具等から発見された。1980年頃から特別養護老人ホームでの院内感染が急速に拡大し、問題となった。

MMSE(ミニメンタルステート検査)

認知症の診断用に米国で1975年、フォルスタインらが開発した質問セットである。 30点満点の11の質問からなり、見当識、記憶力、計算力、言語的能力、図形的能力などをカバーする。

MMSE(Mini-Mental State Examination)
諸外国で広く使用されている認知症の簡易検査法。日本においては長谷川式認知症スケール(HDS-R)と並んでよく用いられる。HDS-Rは20点以下を認知症とし、MMSEでは23点以下で認知症を疑う。

MCI(Mild Cognitive Impairment)

軽度認知障害。健常者と認知症の中間にあたる、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)という段階(グレーゾーン)があります。MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない状態のことです。

N

NCD(非感染性疾患)

主に、がん、循環器疾患、糖尿病、慢性閉塞性疾患を指す。近年、世界的にNCD対策の重要性が認識されている。

非感染性疾患。主に、がん、循環器疾患、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を指す。近年、世界的にNCD対策の重要性が認識されている。

NGO(非政府組織)

民間人や民間団体のつくる機構・組織であり、国内・国際の両方がある。

非政府組織の略。発展途上国への援助活動などを行う。

NBM

患者本人の語りを中心にして患者の自己決定を支援する医療。
物語と対話による医療。

NPO

非営利団体のこと。

NPPV

人工呼吸療法の1つ。気管挿管や気管切開をせず,マスク装着だけで一定の圧力や決められた量の空気を肺に送る人工呼吸器

在宅人工呼吸療法で行われるマスクを使用して実施するNPPV(非侵襲的陽圧換気法)。気管挿管や気管切開をせず,マスク装着だけで一定の圧力や決められた量の空気を肺に送る人工呼吸器です。

O

P

PEM

栄養素の摂取が生体の必要量より少ないときに起こる体の状態。低栄養。

Q

QOL(生活の質)

ある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念。

R

S

SOSネットワーク

高齢者が行方不明になった時に、警察だけでなく、地域の生活関連団体等が捜索に協力して、すみやかに行方不明者を発見保護する仕組み。全国各地の自治体や、警察、支援団体(推進コア団体)などが連携して構築しているネットワークです。

T

TPPV

人工呼吸療法の1つ。気管に直接チュ-ブを挿入しそこに人工呼吸器を装着して、空気を送り込む方法です。呼吸ができない患者さまはこの方法で人工呼吸を行います。

U

V

W

X

X線検査

X線が人体を透過する際,各臓器および異物によって吸収率が異なることを利用して,人体の内部構造や変化を知り,病気の診断をする検査法。

Y

Z

その他

γ-GPT 肝機能

1)お酒の飲み過ぎ・肥満やある種のお薬などにより、γ-GTPがたくさんつくられるようになります。そのためγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。
2)胆汁うっ滞※や胆管細胞の破壊が生じると、細胞内や胆汁に存在するγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。

40~50歳までは上昇。その後少しずつ低下
上昇、増加…肝脂肪、アルコール性肝炎
検査の目的…肝機能の確認

ケアマネ試験 過去問より厳選!用語集「アルファベット」

投稿日:

執筆者:

タイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験 平成30年度(第21回)試験問題[PDF版]無料プレゼント

平成30年10月の第21回試験問題
第1問~第60問(全60問)収録(PDF)

ご希望の方はこちらからどうぞ




あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,240人の購読者に加わりましょう

管理人おススメの参考書&過去問題集



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。