ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題47」~過去問セミナー~


平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(福祉サービスの知識等)

問47

面接場面におけるコミュニケーションの技術について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 相談援助者側に、共感的相互理解を求めようとする姿勢が必要である。
2 話す内容とともに、音声、抑揚、話すときの表情や速さなども重要である。
3 イラストや手話、ビデオ、写真、文字盤など多様な表現方法を利用することは、クライエントを混乱させるので、避けるべきである。
4 クライエントの発信する力及び受信する力を見定めつつ適切な手段を選ぶことが必要である。
5 部屋の雰囲気やいすの位置、相談援助者の服装などの外的条件は、円滑なコミュニケーションのためには重要ではない。

解答

正解は…1・2・4
1 〇 共感的態度は、相談援助者の基本姿勢である。
2 〇 コミュニケーションにおいては、音声、抑揚、話すときの表情や
速さなどの非言語的コミュニケーションが重要視される。
3 ✖ コミュニケーション手段は、
クライエントの能力に合わせて選択することが必要である。
4 〇
5 ✖ 部屋の雰囲気やいすの位置、相談援助者との距離感、服装なども、
コミュニケーションに影響を及ぼすため重要である。

参考

単語

面接場面
コミュニケーション技術
共感的相互理解
クライエント

問48へ

“ケアマネ試験対策2015年度 福祉サービス分野 「平成27年問題47」~過去問セミナー~” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です